「しんどい」毎日からの脱出 自分らしく生きる

結局、人の「人生路」と「幸せの量」は、何で決まる?

幸せ量を決めるもの-モチベーション源 「しんどい」毎日からの脱出

人はそれぞれに、
様々な人生をたどっていきます。

全く同じ人生を送る人なんて、
いないですよね!

一人一人が、
オリジナルな自分の人生を
日々、紡いでいます


そんな人生路は、結局、
何によって創られていくのでしょう?

そして、その人生の中で、
幸せ量は、結局、何で決まるのでしょうか?


それは
「モチベーション源 × 優先順位 」

何を優先して物事を選択するか(優先順位)が
人生を創り

何をモチベーションにするか(モチベーション源)で
幸せの質と量が決まります

モチベーション源には3種類ありますよ!
そのどれで動くかです(^ ^)


もう少し詳しく説明しますね☆

あなたは、どのモチベーション源で動いてる?

では、3つのチベーション源とは何でしょう?

それは、

1. 恐怖を源とするモチベーション
2. 安定・安心を源とするモチベーション
3. 望みを源とするモチベーション


です

恐怖のモチベーションとは

起こってほしくない
そうなったらどうしよう・・・

という怖さと恐怖

また、

これじゃダメだ

という自己否定で

今のままいることへの

恐怖で
動くことを言います

「動く」というより
動かされる

といった方が
ぴったりな感じ


ですので

恐怖・不安を煽るような宣伝文句や脅しに
動かされやすい!
踊らされやすいです!


ちなみに、
子供の頃から他人軸の人でいうなら

見捨てられたくない
嫌われたくない

見捨てられたらどうしよう
嫌われたらどうしよう

そう思って動くことすべてが
恐怖のモチベーションです

そうやって動いても、
なくなることはないんですよね

そうでなかったら
つかの間「ほっ」とするだけで

次の瞬間から
そうなるのではないか・・・・
と「不安」になる

そう、恐怖のモチベーションと
不安はセット
なのです

このモチベーションで動いている限り
ずっと「不安」は続きます

常に、綱渡り状態です

そう、幸せの量は、ないに等しい(^^;;

よく、コップに水が半分入っている状態を
「半分、ある」と見るか
「半分、しかない」と見るか

なんて、ものの見方、受け取り方の
話がありますが

不安になる人は

コップに水が、
なみなみと入っていても

・今はあるけど、いつなくなるかわからない
 なくなったらどうしよう
・こぼしたら、どうしよう
・人に取られたらどうしよう

と思ってしまうのです

つまり、
ない時は、ないで
その欠乏感からの恐怖で動き

ある時は、あるで
失うことへの恐怖で動く・・・

それが、恐怖のモチベーション源に
どっぷり浸かっている状態です

恐怖のモチベーションは
他人軸の人が持ちやすく

また、
自分勝手軸の人も、

奪われたくない
損したくない
手に入らないなんてヤダ!(不幸)

など、
そんな目(被害)には合いたくない恐怖や欠乏感で
戦うを選択していることが多い

そして、これも
その戦いは、終わることはないのです


このモチベーション源で動く世界は
居心地は良くはありません

( 私には不幸がお似合いと思ってる人以外は)

だからこそ、いつか

もう、やだ!!

ここから抜け出したい!!


という思いが湧き
行動に移しやすくなるのです!!

安定・安心のモチベーション

これは、安定した日常で
落ち着いている状態です

変わりたくない
変えたくない

それが安心

そんな守りのモチベーションの中にいます

現状に、満足している状態です。


しんどい毎日から
抜け出して、日常に問題がなくなると

そんな日々を送ることになるでしょう

また、

いろいろあるけど、これが私

と思えていれば
それで安定します

実は、
恐怖のモチベーションは不快だから
抜け出したい

と思うのですが

ここは、
安定しているので

ここから、あえて飛び出すには
結構な労力が必要です

例えば、安定した正社員だった人が
やめて、新しいことをする

となると、
なかなか踏ん切りがつかないのも
そのためです

もちろん、ここにいても
安定した人生が続くので
いいといえば、いいですよね

でも、それでは物足りない
本当は、やりたいことがある(けど怖い)

そうなってくると
揺れる状態になってきます

自分から出る決心は
本人にとって、怖いでしょう

今度は、恐怖がここを飛び出す
ブレーキになるのです

でも、
恐怖のモチベーションの恐怖とは
その質が違いますよ

恐怖のモチベーションは
「こうなりたくない」という恐怖

安定のモチベーションを飛び出す時に
感じる怖さ(恐怖)は、

本当にしたいこと(望み)に向かう時に出る
安定を手放し、
失敗するかもしれない恐怖
です


わざわざ、恐怖が湧くことを
選択せずとも、生活できるわけですものね

自分を奮い立たせるには
大きな覚悟が必要です


ただ、人生は
ずっと同じでいることはありません

常に、変化してるものです

安定させてくれていたものが
先ほどの例のように、
正社員だとしたら

その環境が、自分の意思とは関係なく
変化することもあるでしょう

お金の状況も変化しやすく
影響を与えやすいでしょう

そして、体は
病気になったり

そうでなくても
誰にでも変化はやってくるものです

そういった外部要因で
変化が余儀なく加わることは
大いにありえますよね

そうして
不安定な状態になった時に

先ほどの恐怖で動くか
次に紹介する望みで動くか

が大きな分かれ道になります

それが人生を創っていくのです


もちろん、変化を余儀なく迫られる
その時まで、そのままでいてもいいし

自分から望みに向かって
飛び出してもいいのです!


ここでの幸せは
幸せピラミッドでいうと

1段目から2段目
絶対的安心感と五感の幸せ

です

穏やかな幸せです❤︎

プラスして、
3〜4段目(次に紹介)を取り入れても
十分、安心・安定の範囲で居られることでしょう

その状態が
心地よさだけでいうと
一番いいと感じる人も多いことでしょう

望みのモチベーションとは

望みのモチベーションは

・好き❤︎
・してみたい❤︎

といった幸せのピラミッドでいう
3〜4段目の純粋なものと


・こうなりたい
・こうありたい
・これに挑戦してみたい

自分の理想に向かうものです

これは、

恐怖のモチベーションのように
「今のままじゃダメ」だから(自己否定)
ではなく

今に、満足しながらも
「さらに」という点が違いますよ(^_−)−☆

基本的には、
ワクワクしたもの
使命による力強いものですが

今の自分を超えていく挑戦になると
怖さを伴う場合があります

怖さの正体は
どうなるかわからない
失敗する怖さです


ちなみに

恐怖のモチベーションでも

挑戦しないと
見捨てられる恐怖で
挑戦することもありますが

それは、誰かの望み(期待)に
沿うためであって

自分の望みではありません


ここでは、自分の望みのために
あえて、挑戦に伴う怖さを
乗り越えた選択をすることになります

よく言われる
「自分を信じて、進む」という道です

幸せビラミッドでいう
5段目になります!

自分の人生を自分で
切り開いていく

とてもエキサイティングな世界です(^ ^)

もちろん、1〜2段目の
穏やかな幸せを土台があるからこそです(^_−)−☆


ちなみに、怖さの他にも、
なかなかやりたいことに向かえない理由は
こんなのがあります ↓

もう一つの要素「優先順位」とは

さて、もう一つの要素「優先順位」ですが

以上、紹介してきたモチベーション源が
大きく影響します。

モチベーション源もそうですが
これらは、物事を選択する基準軸
密接に関係しまています


例えば、
恐怖のモチベーションで

・嫌われないこと

が優先順位1位のことかもしれません

すると、
そのための言動が
優先順位として高くなります

人に意見を合わせるとか
断らないとか
などです

・このままじゃダメだ!

だとすると
自分のダメなとこ探しをして
改善する

の優先順位が高くなるでしょう


とにかくトップになる

が優先順位が1位だとすると

手段を選ばない
なんてことも起きてくるでしょう


このまま安定すること

であれば
変化は好まないし
挑戦はわざわざ選ばない


こんな人になりたい

だと、そこに向かって
コツコツと端から見たら
努力に見えることをしたり

変化をいとわないというか
通過点とするでしょう

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人生は、以上のように
「モチベーション源 × 優先順位」
で、創られていきます

何気なく決めている
日々の選択

そこには、
必ず、選んだ理由があります。

自分軸・他人軸の視点
ありますが

もう一つの視点として

3つのモチベーション源のどれで
何を優先して選んだのか

考えてみると
自分をもっと、知ることが
できますね(^ ^)


同じ行動している人でも
どのモチベーション源で動いているかによって
幸せ量は、変わってきますよ(^ ^)


どのモチベーションがダメだとか
悪いとは言うつもりはありません

どれで動いていたとしても

その時の精一杯で、私たちは、
生きてるのですから❤︎


が、

恐怖のモチベーションは
しんどい人生になるので

気づいた人から
ぜひ、卒業して欲しいな❤︎と
思っています

そして、
ここにたどり着いたあなたは
それを願っている人だと思います

私も、ぜひ、そんなあなたを
サポートできたらと思っています(^_−)−☆

そして、
一旦、安定した毎日から
自分のやりたいことに向かって
飛び出す段階にいるあなたへのサポートも
させていただけたら

と思っています(^ ^

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました