自分らしく生きる

優しい人必見! 優しい人が損をする世界って、何が起こっているの? どうしたらいい?

優しい人が損する 自分らしく生きる
スポンサーリンク

「優しい人が損をする」

そんな言葉を聞いたことがありますか?

これって、何かと言うと
一言で言ったら

優しさでやったことが
自分の首をしめることになっていく


ってこと

それが、
どんな風に起こるのか(何が起こっているのか)
どうしたらいいのか

お伝えしますね

優しい人が損をするカラクリ

優しい人は、「人が喜ぶなら、やってあげたい❤︎」
っていう思いが強い
です

それが、やってあげる優しさになってる

で、やってあげることで
その人(Aさん)が喜ぶ姿を見て、自分も嬉しい

って、素敵なことですね^ ^

ここまでは、ハッピーな世界です

では、どこから損をすることになるのでしょうか
(嫌なことが起こってくるのでしょうか)

その損の正体は?

相手の問題1. いつしか、当たり前、不満を生むようになった時

優しい人が損をする一つ目のカラクリは、
次のような流れで起こります。

しばらく、
ハッピーに、Aさんにしていたら

Aさんが、してもらうことが
当たり前な感覚になってきて

当たり前のようにしてもらうようになる

この時点で、「あれ?」ってのが
生まれると思います

で、今度は、実際に、
できない時があったとする

そしたら

「なんで、してくれないの?」

って、不満を持たれたら
嫌じゃないですか?!

喜ぶことが
不満を生む源に変わってしまうなんて
悲しい
ですよね!

とほほって感じ

別に、喜んでもらうためにはやってないけど
でも、そもそも「喜ぶなら」
ってサービス精神だったから

当たり前だと思われながらは
やりたくない


っていうか
やりきれない気持ちになってくる

ってあると思います

することは同じでも
相手がどういうつもりで
それを受け取っているかで

それに対する負担感が変わる
ものです

(逆をいえば、恋愛でよくある相手が「してくれない」と
文句を言っている人に限って

してもらった時当たり前の顔をして
してくれない時に文句を言うことで

してあげたくなくなる気持ちをそいでいるケースが多いです)

よく奢る人が言いますよね

奢られた人が当たり前のように
財布も出さないと気分悪いって

それも、これと同じ原理です

2. 甘えが出てきた時

さて、Aさん、
あなたがあれをしてくれて
とても助かりました

だったら、これもしてくれるかな

って、ちょっとだけ他のことも
お願いしてきた

まあ、大したことじゃないし
いっか

としてあげたとする

すると、他のことでも
だんだんと、甘えてくるようになる

あの人なら、大丈夫だろう
やってくれるだろう

これね、甘えという
勝手な期待
なんです

(この辺のことも、
今度、詳しく書きたいですね)

で、次に頼まれたことは
ちょっと、物理的にできないことで

それは、できないよ

と突っ撥ねる

すると、

あーあ、つれないなあ
冷たいなあ
融通きかないなあ

などと不満を言ってくる

ひどい時には
あなたならしてくれると思ってたのに
裏切られたー的な・・・f^_^;

ここで、
罪悪感を持ちやすい人
自分が悪いと思いがちの人だと

自分の方が

冷たいのかな
融通きかないのかな

と思い悩んでしまうなんてことも
おきます

3. 周りの人の不満を生む

Aさんがしてもらってるのを見たBさんが
自分もしてもらえると思って
やってきたとします

仕事のど真ん中などであれば
やるのでしょうが

Aさんとのこれまでの関係性で
Aさんに融通をきかせていたとしたら

Bさんには断ることになる

すると、Bさんが不満を持ちます

Aさんにはしてて、自分にはしてくれないなんて
不公平だ!と・・・

4. 自分と同じ立場の人からの不満が生まれた時

してあげることで喜ばれて自分も嬉しい

それが続いていたとしても

同じ立場の人から
不満が出ることがあります

それは、あなたのサービス(動き)が
スタンダードだと思われて

自分たちにもそれを求められた周りの人が
不満を持つことがあるからです

あの人はしてくれていたのに・・・
あの人ならしてくれるのに・・・

という不満を持たれて
その不満が自分にその矛先がくる

そんな感じでしょうか

これは、とばっちりなだけで
本来なら、その人が

自分のスタンスを
伝えればいいだけの話なんですけどね

相手側の問題 まとめ & どうしたらいい?

以上、人が喜ぶいいことをしているはずなのに
なぜか、人から不満を持たれるカラクリでした^ ^

もしも、この不満に応えようとしちゃったら
すればするほど、しんどくなるばかりです

プライベートなら
そんな不満を言われたら、

そんなこと言われる筋合いない!

ってことで、
そんな不満を言ってくる人とは
関わりたくないところですね!!

けれど、100歩引いて
それが普通なんだろうとか
みんなにそうしてるんだろうとか

こちらが好意(目的・基準)でやっていることが
伝わってないってことが
ありえますからね

こちら側の対応も大切です

なんとなく、できるからしてあげるとか
困ってそうだからしてあげるとか
ちょっとくらい無理してもしてあげる

ってことを黙ってしていると
相手からは
簡単なこと、当たり前にできること
進んでやりたくてやっていること

してもらっておいた方がいいこと

として認識されがちです

ですので、

本当は、どんな問題や労力が出てて
今回は、それがなぜできるのか

伝えておく

それ自体、特別であること
あるいは、今回だけの特別な事情、理由を
伝えることです

そんなことをいうと、

そんなことしたら
恩着せがましくないかなあ

心配する人もいるかもしれませんが
そこって不思議と相手には区別がつくものですから

心配は無用ですよ

これは、お互いの関係を良好に保つために

自分のスタンス、考え方、
境界線をはっきりさせておく
ためのものですから^_−☆


依存的な甘えも発生しにくい関係で
いられます


4の場合も、勝手に自分がやってるだけで
本当はそうじゃないから、内緒とか

他の人には、求めないように
予め、伝えておくのがいいですね

してあげることは、一見親切ですし

できるのにしないことは
自分が意地悪なことをしているようで
してあげた方が楽なこともあるでしょう

しかし、それが
その人に何を伝えることになるのか

他の人に何を伝えることになるのか
あるいは、他の人への影響

長い目でその人にとっていこと
長いめで、互いの関係性のためにいいこと

などなどの視点でも
考える必要がありますね

自分側の問題

とまあ、不満を持たれて
文句言われることをお伝えしてきましたが

実は、文句を言われているわけでもないのに

勝手に、なんとなく
やめたら不満に繋がるのではないとか
やめられない

と自分で自分を縛ってしまう場合があります

当たり前のような感じになってきて
なんとなく、嫌だけど

今更、やめられない

やめたら、不満を持たれそうで
やめられない

つまり

「しなければいけない」

と言う義務化してしまうと
辛いもの
です

ちなみに、頼まれてもないのに
察してやっている場合

相手からは

好きでやってる

と言う認識の場合もあるのですよねf^_^;

しかも、相手からしたら
本当に大して嬉しくないことだってある笑

だから、勝手に自分で自分を
苦しくさせてる

って感じになってる場合があります^ ^

この場合は

一旦、やめてみることです

やめることで
「しなければいけない」から
解き放たれることです

義務感で、無理してやっていると
相手を嫌いになってきてしまう
ことも
ありますからね

その方が自分にとっては損害です!!

もし、しないことで
文句が出たら
いい機会ですので

そのことについて
話し合ってみましょう

もちろん、やめる前に
先に、聞いてみるのもいいですよね^ ^

一度、フラットにする

その後、改めて、
してあげたい時
(余裕がある時)にしてあげる

など、

スタンスを自分の中で
はっきりさせると

気持ちよく
動けますよ!^_−☆

もちろん、相手も知っていた方が
行き違いがなくていいですね


ちなみに、

文句言われそうだから
不満持たれそうだから

嫌われないようにとかで
動いているとしたら

それは、
本当の優しさではありませんし

ただ、ただ、苦しいだけですよー!!

相手側の問題の不満に応えようとしたり
自分側の問題を持ちやすいのは、このタイプの方です↓

こんな世界になったらいいね❤︎

「初心忘るべからず」って言葉がありますが

してもらうことにも、慣れてしまいたくないですね

常に、有ることが難しい、有難いこととして
感謝を忘れないでいたい

そして、する方も

してあげてる!

ではなく、

自分の喜びとして
したいものです

「させていたただいてる」って感じですね

「させてもらうことを通して、
 喜びをもらっている」

お互いに、そんな感謝しあっていけたら
いい関係を築いていけそうですよね


ちなみに
これとぴったりの事例とは思いませんが

このドラマの中で

主人公の医者が手術さえすれば治る人に
手術を拒否されて、

けれど、
その手術をしないと死んでしまうので

医者として、ここで黙って引き下がれない
どうか、私のために手術させてください
助けさせてください

って頭を下げたんです

印象深く、感動する場面でした

相手が喜ぶかどうか以前に

すべてのことは
自分のために、

「させていただいている」ってことが
あるでしょうね^ ^

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました