「しんどい」毎日からの脱出

問題のあるパートナーと、別れられない人の2タイプとその抜け出し方【共依存からの脱出】

共依存 「しんどい」毎日からの脱出

コロナ禍のこの頃は、
ずっと家にいることが多くなったことで

モラハラやDV、
アルコール・ギャンブル依存症など

パートナーの問題が
浮き彫りになってくるケースが

多くなっているようですよね

とても辛い状況になっているにもかかわらず
「別れられない」人も多くいるものです

今日は、そんな、

問題のあるパートナーと
別れたいのに別れられない人の2タイプと

その抜け出し方をご紹介します^ ^

それぞれに「相手の問題」も、違うのです。

モラハラ・DVと離れられない「私が悪い」と思ってしまうタイプ

一つ目は、

パートナーの問題を
私が悪いから、
そうなっているのだ

と思い込んでいるタイプ

特に、モラハラやDVをされている場合

「お前が悪い」
「お前のせいだ」
「お前がダメだから、お前のためを思ってやっている」
「お前なんか、自分と別れたら、生きていけない」

などの言葉を浴びせられているので

「自分は悪い」と思ってしまいやすいです

そして、
相手の感情も自分のせいだと
思っちゃう

自分が悪いから
相手を怒らせてしまう・・・

相手の怒りや不機嫌を
「私の責任」と思っちゃってる
のも
特徴です


悪い言葉を使うなら

「思い通りになるように
 自分の言うこを聞くように
飼い馴らされてる」


と言えますよ

相手の思い通りにしているときは
優しい

なんて、高等手段を使われたら
さらにハマりやすい・・・

ですので
言葉や力の暴力を受けても

「私が至らない」
「私がちゃんとできれば」
「私が、頑張れば(我慢すれば)」

と思っちゃって
問題が浮上しにくいのも
特徴です

抜け出し方

このタイプの人は

もともと、
世間体を気にしやいこともあり

「人に相談するのが苦手」

更に

「自分が悪い」と思っているし

「自分の我慢が足りないのかな」
なんて思っちゃてるから

尚更、
相談なんてできなくなっちゃう


なので、まずは

愚痴りましょう!!

まあ、

「人を悪く言ってはいけない」っていう
呪縛もあると思うので

「愚痴を言う」のも
苦手でしょうが

相談するよりはハードルが低いかなと

「私が悪いのだろうけど」

という枕詞を使えば
言いやすくなるんではないでしょうかね^ ^


で、周りの反応を見て欲しいのです

具体的なエピソードを言えば
それが、モラハラかどうか
わかります

相手がその話を聞いて
どんな感想を持つか

聞くくらいのつもりで
言ってみてください

そして、その言葉に
真摯に耳を傾けましょうね!!

パートナーを悪く言われて
逆に、パートナーの肩を持つ

なんてのも
あるあるですからね^ ^

真摯に、真摯に☆

あなたは、
その人と一緒にいなくて
生きていけますよ!!


そのことを知ってくださいね!



そもそも「自分が悪い」と思ってしまいがちな人が
この状況に陥りやすいので

お心当たりの方は
こちら↓も参考にしてみてください^_−☆

根本原因は、こちらの自己否定です↓

人に頼ることも覚えていきましょうね↓

ダメな人をなんとかしてあげたい、見捨てられないタイプ

こちらは「問題のある人」を
更生させたくなるタイプです。

何かに依存したり、
問題を起こす人が相手です

私がなんとかしてあげないと!
私がいないとダメになる!


とばかりに介入してしまう

その結果、何度も、
裏切られたような気持ちになって

無力感に打ちのめされるけど、
別れられない



前述のタイプとの共通点は

私の言動によって、
相手が変わると思っていること

だから、正解を探してしまう


ある意味
「自分の影響力を信じている」
とも言え

私が人を変えられる

と思ってるのが特長です

もっと言えば
相手が立ち直れるかどうかは
自分にかかっている

自分次第だと

相手の人生の責任を
背負ってしまっている
のてず

このタイプの人は
「無条件の愛」を発揮したい願望が強く

その背景には
「見捨ててはいけない」があります

なぜなら、自分が一番
見捨てられることを恐れているから

その人と別れること=見捨てること

との思いから
別れられなくなるのです

また、暴力に対しても
受け止めてしまうケースでは

・私が受け止めてあげなくては
 (受け止めることで、変わってくれる)

「すべてを受け止めるのが愛」
と思ってのことです

誰かから、
別れることを勧められると

「私だけがあの人の良さをわかってあげられる」
「私だけがあの人を理解してあげられる」

なんて思って、
愛を深めてしまうことも。

抜け出し方

残念ながら、その行動は

「自分の存在意義」を求めての行動であると
自覚する必要があります

共依存になっている可能性が高い
思ってくださいね

このタイプは、
問題を抱えているのは相手であって

自分には問題ないと思っていることが
ほとんどです


共依存って、
ある意味、お互いを必要としているし
支え合ってるとも言えるのだけど

健全とは言えません

傷をなめあい
傷つけ合う関係だからです


そこから、抜け出すには

相手をなんとかするより

自分の人生をどうしたいか
自分が何がしたいか

に考えをシフトすること
です

このタイプの多くは

あの人がこうなったら、
私はこうできる

あの人のここさえ治れば
私は幸せになれる

と思っています

だからこそ
相手を変えることに
躍起になってしまう

ええ、ええ
私も躍起になっていた時代が
ありますからね

よーくわかるのです笑

でも、自分の幸せが相手次第って
危険だということに気づいてくださいね

ですので、あえて

相手がずーっとそのままだとしたら
自分はどうしたいか

を考えてみましょう!

もちろん、
人は変わることはあるけど

今のマインドが関わっていても
相手は変わらないし
しんどいだけですのでね

(心の深い無意識の部分で
相手は、そのままの方がいいのが
共依存なのです。

だから、まずは
共依存から抜け出しましょう!)

意識上にある
あなたが相手を変えられる
という妄想も、一旦捨てましょう^ ^

人を自分の思い通りに
操ろうとしてるってことですからね

相手も強いられることは
しんどいことです

変えようとすればするほど
変わらないのが「人」ですよ!

(じゃ、どうしたら変わるんですか?
と思うのが、このタイプ!!笑

まず、その思考をやめましょうと
言っています^ ^)

ひよっとすると
前述のモラハラ的になっている可能性すら
あります!

共依存

この二人がセットになってることも
あるあるです


また、このタイプは
問題のある人とまでいかなくても

自分よりダメな人と一緒にいて
相手の面倒を見ることで

自分のダメさや
自分の問題を見なくてもいい


という無意識のメリットを
得ている可能性もあります

自分のダメさを受け入れたり
自分の問題に取り組んでいくことが

大切ですよ❤︎


あの人の問題は、
あの人がどうにかすること

あなたがどうにかすることではありません

あの人の問題を奪って
解決しようとしたり
肩代わりすることは

相手の成長機会を
奪ってるとも言えるのですよ

だから、「見捨てる」のとは違うのです

逆に、私がいなくても
あの人は、自分の問題を解決する力がある
と信じること
です
 
このタイプの方の根本原因は
こちら↓を参考にしたくださいね

そんなあなたのための無料メール講座

自己否定癖を手放して自分らしい幸せを築く無料メール講座

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました