「しんどい」毎日からの脱出

他人軸でしんどい人の特徴:自己否定逆ピラミッドって何?

自己否定逆ピラミッド 「しんどい」毎日からの脱出

当サイトをご覧いただき
ありがとうございます♪

自分軸makingパートナーの
高橋かのんです。
(初めましての方は、こちらを)

自分軸コーチ高橋かのん

他人軸で生きていると
自分の心と体の声に耳を傾けずに

他人の評価や期待に
応えようとしてしまいます。

この記事では
他人軸の人がどのように自分を否定し
しんどい世界に陥っているかを

自己否定逆ピラミッドという
モデルで説明します。

「私のことだ!」と思ったあなたは
自分軸への一歩を踏み出しましょうね^_−☆

しんどい人の逆ピラミッドとは

自分軸の人の幸せの5段階ピラミッドについて
こちら↓の記事でご紹介しました。

しかし、他人軸の人は
このピラミッドが
逆さまになっているのです。

それが自己否定逆ピラミッドです。

自己否定逆ピラミッドで
他人軸の人が
どのようにしんどいのか
ご説明しますね。

自己否定逆ピラミッド

他人軸の人は

自分が本当にしたいことではなく

他人に望まれる(期待)自分や
認めれれる自分になるために

「こうしなければならない(義務)」
「こうしてはいけない(禁止)」

そうしないと
・嫌われる
・見放される(見捨てられる)

との怖さと焦燥感の中
頑張っています。

それは、幼い頃に勘違いした
否定的な自己イメージによるものです。

自己否定逆ピラミッドの全体を
図にすると、こんな↓感じです。

自己否定逆ピラミッド

この図からわかるように

自己否定逆ピラミッドでは
土台が築けていないためグラグラしています。

「絶対的安心感」がなく
一人ぽっちの孤独感、見捨てられる不安で
いっぱいです。

本人としては
幸せになろうと頑張っているのですが

その向かう先は
本当に自分が望んでいるものではなく

・他人の期待
・他人から称賛されているもの
・他人から見て幸せそうに見えるもの
・世の中でこれが幸せと言われているもの

です。

また、自分に足りないものを
手に入れれば幸せになれると

頑張っています。

しかし、失敗が怖いので
なかなか挑戦できず

一歩一歩が非常に
苦しいものものになります。

そして、たとえ
それらが手に入っても
満足感や幸せを感じられず

不安感が尽きることは
ありません。

そのしんどさから卒業して
幸せに向かいたいのなら

この全体像を知って
自分と向き合い
自分の望みや好きを知って

自分軸で生きることが重要です。

今、他人軸で苦しいあなたへのメッセージ

よく、このサイトに
たどり着いてくれましたね。

多くの人が通る道として
他人軸から自分軸への
転換があります。

自分の人生を生きる
儀式だと思っていいくらいです。

もしかしたら、あなたは
最初から、幸せピラミッドが
気づけていたらよかったのに

と思っているかもしれません。

しかし
ある優良会社で、昔

中途採用者にインタビュー調査する仕事を
したことありましたが

口々に言っていて印象的だったことが
あります。

「この会社に新卒で入った人は
 ここしか知らなくて、これが当たり前で

 この会社がどんなに恵まれているか
 わかってないのが、ある意味不幸に見える」

というものです。

それと同じように
グラグラ時代を知っているからこそ

より一層、幸せを噛み締められるし
人の痛みがわかるようにも
なれるのではないでしょうか。

また
人は、「親を選んで生まれてくる」
とも言われていますが

だとするなら
わざわざ厳しい環境選んできた人ほど
チャレンジャーですね^_−☆

自分を褒めてあげてくださいね。

そして
なんだかんだ言っても

私は、やっぱり、単純に
そうやって人生を
変えてきた人が好きです❤︎

変えていこうとする人が好きです。

だからこそ
それをサポートしたいと思うのです。

私の仕事の全ては
逆ピラミッド(他人軸)の人が
「幸せのピラミッド(自分軸)」を築くために
しています!

もし、あなたが今しんどくて
私と一緒に、幸せピラミッドを築きたい!
と思ったなら

私は全力でサポートさせて
いただきます!

まずは、体験セッションを
お受けください。

今なら、特別割引価格で
ご案内しています!

こちら↓から、お申し込みいただけます。

その後も、継続して取り組む方には
特別料金をご用意しています。

こちら↓をご確認ください。

私と一緒に、一刻も早く
苦しい毎日から抜け出して

心からの笑顔で過ごしましょう!

関連記事

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

この記事を読んだあなたには、こちら↓の記事もオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました