「誰も助けてくれない・・・(涙)」と、悲しんでいるあなたへ

誰も助けてくれない 「しんどい」毎日からの脱出

今、とっても苦しい中にいるあなたへ

「誰か助けて・・・」

「私を、ここから救い出して・・・」

心の中で

そう叫んでいるかもしれません

私もそうでした^ ^


もし、あなたが人にお願いできなくて抱え込んでいるだけなら、こちらを↓



今日は、救世主を探していた
あの頃の自分を振り返って

懺悔をかねて
今、あなたに伝えたいこと

もしかしたら、ちょっと厳しく聞こえるかも知れません。

「その人たち、ほんとにひどいね!
 かわいそうに。
 あなたはちっとも悪くないよ
 私がなんとかしてあげる!
 もう大丈夫よ」

そう言って欲しいかも知れません

けれど、そういってくる人がいるとしたら
ちょっと危険だと思ってほしいのです

このツボがあれば、もう大丈夫とかとか・笑


あ、ちなみに、
「あなたが悪い」という意味では
ありませんよ

今、順調に幸せの道の入り口まで
きています(^_−)−☆ オメデトウ❤︎ です

今から、あなたの本当の人生がスタートです☆

被害者意識からの脱却スタート
スポンサーリンク

あなたは、どんな風に助けてほしいですか?


あの頃の私は、誰かに救い出して欲しかったのです。

ひどい人から、ひどい状況から・・・
私の代わりに動いて、助けて欲しかった

でも、それが何をしてもらうことかさえもわからなかった

だから、こんなにひどい目にあってると
苦しさを誰かに訴えて

その人が、何かをしてくれて、状況が変わることを
期待していました


でも、その人が例えば
・話を聞いくれたところで
・慰めてくれたところで
・私より、腹を立ててくれたところで
状況は何も変わらないことに苛立っていました

だって、救い出してくれる人はいないんだもの・・・

せめて
こうすればいいのよ(正解よ)って言ってくれる人
その人のいう通りにしたら
うまくいくような人を探していました

「誰のいうことを聞けばいいの?」って・・・

(だから、こうしなさいっていってくれる
占い師さんに依存していた時もありました)

救世主を探していたのです。

でも、一向にどうしていいかもわからないまま

この人でもない
この人でもなかった

落胆し、疲れて行きました

そもそも、
・誰が話してもいい人か
・こんな状況の自分を受け入れてくれるのか
 (逆に傷つけやしないか)
・重い話をしても大丈夫か
・その人の前で泣いても引いていなくならないか
・こんな自分を面倒くさがらないか
・誰がどこまでしてくれるのか

恐る恐る窺いながら、試しながら
彷徨っていました
 
でも、そんな、まる投げ
私の思い通り望む結果をもたらしてくれる人なんて
そうそういるもんじゃないですよね

いたとしても、健全な関係ではないし
続くものじゃないと今ならわかります

なぜ、誰かに助けを求めていたのでしょう?

なぜ、救い出して欲しかったのか 

それは、ひとえに自分にはその力がない(無力)と思ってたからです  

そんな可哀想な私 悲劇のヒロインに酔っていたとも言えます^ ^  

そして、散々、この人なら?
この人なら? と助けてくれそうな人を探し彷徨い  

結局、どこをさまよっても誰も助けてくれる人は
見つからずにイライラが募っていきました
 

救ってくれたのは、自分の中で生まれた「怒り」でした

「誰も助けてくれない」って悟った時   

もう、やだ!
もう、いい!! (怒)  


とようやく立ち上がったのです   

被害者意識からの脱却、立ち上がる

いい意味で
周りを見限ったとも言えますね・笑

やっと 「自分でやる!」 が出てきた^ ^   

それまでは、周りにがっかりしたり、傷ついたり
悲しんでばかりでしたから・・・

それが私の新しい人生のスタートだったと思います  

<まとめ> 一言でいうと「被害者意識」からの脱却

それまでの私を、一言で言うなら
「被害者意識で生きていた」ということです


きっと、あの頃の私にそう言ったら

「被害者意識っていうか、
 だって、本当に被害にあってるんだもん」

といいそうです・笑

環境や周りの人に
苦しめられている

と思っていたし

そのことを含め
起こることに振り回されながらも
頑張って耐えてると思ってました

せっかく力になろうとしてくれた人のことさえ 
助けてくれない
役に立たない

(きゃー!なんと傲慢だったことでしょう^^;) 

とさらなる被害者になってたんですよね・・・(遠い目) 


アドバイスされようものなら
あなたが悪い、ダメねと言われているようで
責められてるように感じて傷つき
ますます閉じていきました

私の現実は

周りの人(のせい)で
なっちゃうものであり

それにどう関わるかは
相談する人に掛かっていた・・・・

そら~疲れました(笑)

何ひとつ
自分の手では
どうにもならないような

自分の自由には
ならないような

気がしてた

「自分がなかった」状態です

そして、
うまくいかないと
相談した人のせいにして

「あの人がだめだった」と
がっかりして・・・

「もう、あの人の言うことは聞かないっ」
って思ってたのです

ぜ~んぶ
人任せで

ぜ~んぶ
人のせい

アタタタタ(w_-;


それが、ようやく、ようやく

自分の人生の舵を自分でとる
自主性が現れた

こーなったら、やってやる!

「誰か助けて!」から
「私、どうしたいんだろう?」に
なった瞬間でもありました


そこから、心のことを学ぶ旅に出て
今の自分があります

被害者意識からの脱却

とっても興味が尽きない、楽しい旅でしたよ(^_−)−☆

あなたは、今、何を望み
どうしたいですか?


そのために、周りに協力して欲しいことは?

大丈夫!
今、幸せに順調に向かっています。

「楽しく生きる」日々を選んていけますよ♪
もちろん、いろんな人に助けてもらいながら(^_−)−☆ 

こちらも参考にしてくださいね↓ ↓ ↓

スポンサーリンク
「しんどい」毎日からの脱出 被害者意識からの脱却
kanonをフォローする
更新をメールで受取る♪
更新をプッシュ通知で受取る❤︎
毎日かのん 〜心の四次元ポケット〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました