高橋かのんの 裏 プロフィール

大阪万博で日本がわいた1970年に、新潟県で生まれました。

大阪万博

ミルクがなくなると泣く、まん丸と太った女の子でした。
小さな頃は、兄の後についてまわり、男の子の中で遊んでいました。
 

ここでは、これまでの人生での転機(節目)、
悩んできたことをご紹介します。

■12歳(父の死)

父を交通事故で亡くしました。
 

脳死状態で数日過ごし、他界しました。
その間、代わる代わるに手動の呼吸器で空気を送る時間を設けましたが、
その頃の私には大役でした。


<自分が止めたら死んでしまう恐れと、それでも死んでしまった無力感。
 大人になった私の中にも、しばらくじ~っと残って影響していたことを、
 カウンセリングの中で知りました。今では、何かしてあげられる時間を
作ってもらえたと感謝しています。>


さて、「12歳で父を亡くした」というと、
その後の人生を不憫に慮ってくださる方が多い
です。
 

しかし、実はそれまでの方が大変でした。

なぜなら、父はほとんど働かず、引きこもり、
外に出ると言えば、ギャンブルかお酒か、
いわゆる酒乱だったからです。

普段は、とてもおとなしい人でしたが、
お金(時には私の貯金箱からも)を見つけてはパチンコ、

お酒を飲んで帰っては暴れ、物を壊し、
家中を足の踏み場もないほどにしました。

父が置いてきた自転車を探し周り持ち帰ることと
家の掃除は母と私の仕事でした。。。

そんな状況だったからこそ、学校生活が何よりも楽しい時間でした。


でも、その頃の私が、
“だから家で不幸だったか”といえば、そうではありません。

なぜなら、私にとってはそれが当たり前の日常だったからです。

父が悪者になっていた分、他の家族との結束が強く、
助け合って生きてきました。

親戚や周りのたくさんの人たちが、かわいがってくれました。


<とはいえ、その当たり前として受け入れてきた日常の中で、
 本当はイヤだったこと、つらかったこと、強がっていたこと、
 思ってはいけないと思っていたことが、たくさんありました。

 すでに終わったこととして閉じ込め凍らせたそれらの思いが
 大人になった私に悪影響を及ぼしていたことを
 カウンセリングを学ぶことで知りました。

 大人になってからでもいい、
 きちんと思いだし感じてあげる、自分が一番わかってあげることが、
 大きな癒しとなり、その後の自分にプラスに影響することも、
 カウンセリングの中で身を持って知りました。>


父が亡くなってからは、心配事も減り、普通の(?)母子家庭になりました。
それまで同様互いに助け合いながら、母が女手ひとつで育ててくれました。
そんな母の口癖は「人間、持ちつ持たれつ」でした。

■18歳(大学進学)

高校を卒業し、大学に進学。
1人暮らしを始めました。

(高校、大学ともに入学金・授業料免除、
 奨学金ももらいました。返済完了です♪)


家では、物静かでしっかり者、何でも器用にこなす頭の良い子。
学校では、明るくのんきな自分。
あまりのギャップに、どちらが本当の自分?
ふと悩むときがありました。

1人暮らしをしてみて、学校での自分がベースだと知りました。
 (結局、どちらも自分で、どんな自分も自分で、それでいいのですが(^_-))

■22歳(就職)

就職で東京に出てきました。憧れの東京。
旅行業界に就職しました。

「生活必需品」より
「あってもなくてもいいけれど、あると心が豊かになるもの」

を扱いたいと思いました。


そして、
「いい顔(イキイキした表情)を創りたい!」
これが、私が仕事をする核となる思いです。
(それは、今も変わっていません)


そう思うようになったのは学生時代、
エステティックサロンでアルバイトをしていたときのことです。

受付の仕事をしている中で、お客さまに思ったことをお声掛けしていました。

「お肌がツルツルになってきましたね」
「あ、ほっそりしてきたんじゃないですか」など。

すると、お客様の顔がパーっと明るくなって、とっても素敵な表情になるのです。

もちろん、エステで美しくなった部分もありますが、

「やっぱり、人の美しさや輝きって、
 内側から湧き出るものなんだな。」

「同じ顔でも、表情ひとつで全然違う!」


と思ったのです。

「内側から輝くいい顔を創りたい!

 そんな仕事ってなんだろう。。」


卒業旅行としてロサンゼルスへホームステイに行った経験が
思い出されました。

ホームステイに行ったロサンゼルス風景

海外旅行や留学、ホームステイを通して異文化に触れ、
当たり前が当たり前でない経験をすることで、
いい顔が創られるのではないか

と思ったのです。

身よりもなく出てきた東京でしたが、期待でいっぱいでした。

会社で、1からいろいろ教えてもらいました。

体力勝負で大変な業界でしたが、本当に楽しく働きました。

■27歳(若さ)

もう若くないんだ・・・そう悟ったのがこの歳でした。
新入社員が妙にキラキラして、楽しそうに見えたりして・・・。

これから先、若さという魅力と引き換えに、どんな魅力をつけていくのか?
人生を考えた歳でした。

「今後の自分の人生において、いつでも、
 ”今″が一番若いのは絶対的な事実。
 
 どう過ごしても時間は過ぎていく、
 今を楽しもう!」

の言葉に出会いました。

「本当にそうだ。
 いつでも、今の自分が一番魅力的!と思える自分になりたい
と思いました。


今から見れば、本当に若い!!(苦笑)

■30歳(転職)


初めての転職をしました。
尊敬する人が新しく起こす会社の唯一のスタッフです。
 

「新しい会社」と言っても
その方がすでに起こしている、片手ほどの社員の小さな会社と同じスペースで、
机を並べての仕事でした。

喜び勇んで行きましたが、結果は、空回り(>_<)


総スカン。味方が誰もおらず、孤独でした。

人間関係で悩むことは初めてでしたので、
それまでがとても恵まれていたのかもしれません。


誰もが自分を傷つける人のように思えました。

誰かに相談して、アドバイスをもらっても、
そのたびに、否定されているように感じました。

悲しくなり、孤独感を募らせました。

話を聞いてもらっても
同情されても、現実は何も変わらない・・・。

「誰も私を助けてくれない」と失意の中にいました。
 

(今思うと、その頃は、悲劇のヒロインのように、
  そこから救い出してくれる救世主を探していたのだと思います。

  そういう状況を作っているのが自分自身だなんて
  全くもって思ってもいませんでした。

被害者だと思っていたのですから。)

出先から会社のビルに着いても、入りたくなくて周りをうろうろ・・・など、
そんな自分に驚き、自分でも自分でないような・・・
誰でもこうなりえるのだと思いました。


上司がいないときに先輩社員に緊急ミーティングと招集され
「高橋さんは、人格に問題がある」と議題にされたこともありました。

それでも、「負けるもんか」とがんばっていました。

が、

3ヶ月の試用期間が終わった日、

社員登用は社員の反対により見送られ、
辞めるか試用期間延長を迫られました。

辞めることを決めました。

その日、

追い立てられるようにそそくさと荷物を詰め、
ダンボール1つ抱えて、会社を背にしました。
もう、ここにくることはありません。

辺りは真っ暗。タクシーを拾いました。
電車で30分かかる距離にタクシーを使ったのは始めてでした。

もちろん、電車に乗るにはダンボールが重かったのですが、
精一杯の贅沢であり、自分へのねぎらいでした。

タクシーの窓越しに見える夜景はとてもキレイで、
自分の惨めさがより浮かび上がってくるようでした。

タクシー風景

居たたまれず運転手に

「運転手さん、がんばるって、がんばる場所があるから言えるんですよね。
  私には、もうがんばる場所がなくなってしまいました」

涙で詰まる声を振り絞って声をかけたのを覚えています。

そう、毎朝、会社に行きたくなくて辛かった。
だけど、遅刻はしたものの休むことはなかったのです。

辞めることを決めた自分が負けたようで、
逃げたようで悔しいやら悲しいやら・・・。
 

「人生、逃げてもいいんだよ。
 だけど、逃げたら、同じ課題がやってくる。
 そのときに、またがんばればいいさ。
 そして、また逃げたっていいんだ。
 課題は、何度でも見捨てずに来てくれるからね」


そんな友人の言葉に救われ、次はがんばるぞと思ったのでした。
 

でも、「もうしばらく働けないんじゃないか」・・・
自分の傷つきように不安になりました。

しかし、生活していかなくてはなりません。

運良く、また旅行関係で
「ぜひやりたい!」「これは私の仕事だ!」「私がやらないで誰がやるの?」
と思える募集に出会い、その仕事を気迫でGETしました。

旅行業界に再び

企業内ベンチャーであり、上司が男性で、片手ほどの従業員はすべて女性・・・
奇しくも環境が前回と似ていました。


「同じような職場でうまくやっていけるか」が心配でした。

それに加え、
「本当は、男性を取りたいと思っていたのだけどね(あなたにしました)」
と言われたことも似ていました。

「それだけ、買っているよ」との意味なのでしょうが、
プレッシャーと「女ですみません」という気持ちで先行き不安になりました。


そして、案の定、苦手な人もいたのです。


駅で誰かにかかとを踏まれて靴が脱げた、
そんな普段ならなんてことのないことで

張り詰めていたものがふっと途切れ、涙が溢れ
行く途中で過呼吸になったこともありました。

■カウンセリングとの出会い

「同じことは繰り返したくない」との思いから、
カウンセリングを学ぶことにしました。

そこで、これまでフタをしていたパンドラの箱を開けたのです。

自分がどんな人が苦手なのか?
どんな言葉に反応してしまうのか?


そして、「それはなぜか」が明らかになりました。

幼少期の環境が大きな影響力を持っていることも知りました。


(だからこそ、
 「こんな自分になったのは、両親のせいだ」と
 憎んで過ごした時期もありました)

カウンセリングでは、強く印象に残っている出来事から、
「こんなことが?」と思うことまで、
さまざま、さまざま、幼い頃の記憶と向き合い、
ひとつずつ、学びなおし、力に変えました。

さて、その後、新しい職場での苦手な人とはどうなったかというと、、、

カウンセリングで学んだことを実践し、自分なりに懸命に向き合いました。


そんなことが1年半程続いたある日、突然、その方が退職されることになったのです。

そして、その1週間後に、上司も、突然、業績不振の責任を取って、
会社を去ることになりました。

パンドラの箱を開けてしまい、不安定になっていた私を理解し、
学びを応援してくれていた上司でした。

反面、真正面から本音をぶつけ、私の心を容赦なくこじ開け、
説教をしてくれる人でした。
まさに、古傷に塩を塗り、向き合わざるを得なくしてくれる人だったのです。

そんな二人の退職のタイミングに
なんとも不思議な思いがしました。


「周りの人(特に苦手な人)は、自分が学ぶために用意されたキャストだ」

との言葉がありますが、まったくその通りだと思う出来事でした。

二人がいなくなった職場を過ごすうち、
私の心のカリキュラムがひとつ終わったのだと思いました。

 ■32歳(転身)

そんな経験を経て、
いい顔というのは、旅行というハレの場でももちろん創られるが
 
 日常のコミュニケーションがベースとなって
 培われていくものなんだ

と強く思いました。

会社を辞め、今の仕事につく準備を本格的に始めました。
(のちに、カウンセリングとコーチングの認定を取得)

その決断には、
もうひとつ、大きなきっかけがありました。

それは、年齢と自分のイメージです。

私にとって32歳までは20代の延長のような気がしていました。
同じ事をしている気がしていたのです。

しかし、33歳以降の自分が皆目イメージできません。
自分の未来のビジョンが見えずモヤモヤした日々を過ごしていました。

そんなとき、先述したカリキュラムが終わり、
その会社にいる意味も終わったように思えたのです。

その頃、初めて、そのモヤモヤを晴らすため
定期的にコーチングを受けるようになりました。

そして、自分が何をしたいのか、
これまでの人生を棚卸し、新たな道を歩む決心をしたのです。


カウンセリングで一番大変だったのは、自分の問題をまず片付けて行くことでした。

この作業に、3年ほどかかりました。
 
最初の2年は仕事をしながらでしたが、
「このままでは、なかなか進まない!」との思いがあり、
会社を辞めて、取組むことにしたのです。

その後、筑波大学大学院の宗像恒次教授のカウンセリングに
インターンとして同席し、勉強させてもらいました。
 
並行して、コーチングも本格的に養成講座で学び、認定を取りました(PHP研究所ビジネスコーチ認定)。

その後は、さらに、NLP(神経言語プログラミング・マスタープラクティショナー認定)、心屋流(マスター認定講師)等、様々な心理学やアプローチ方法を学びました。


学べば学ぶだけ、さらに興味が増し、学ぶのが面白くて仕方がない。
いくら学んでも学び足りない。興味がつきない。
そんなものを出会えたことを幸せに思っています。


当時は苦しい思いをしましたが30歳での転機がなければ、

今の私はなかったでしょう。

そして、それをきっかけに学んできたことは、
遠い過去からの道しるべに気づいた瞬間でもありました。

「すべての経験は、この仕事(カウンセラー)をするためにあったのかもしれない」

そう思えたのです。

企業セミナー風景
企業研修講師時代

カウンセリングを学び、その中で自分の課題を解決していくことで、
私自身、その後の人生がとても楽に楽しくなりました。
人間関係の悩みもなくなりました。

(もちろん、まだまだ日々、初めての自分に出会いますが、
それもまた楽しい!)


もしも、あなたが、“カウンセリングは「心や病んでいる」人のもの”
と思っているのだとしたら、それはとてももったいないことです。

なぜなら、カウンセリングは、

本来の自分を取り戻どし
自分の可能性を花開かせてくれる
最高の自己啓発だからです。

■42歳(企業から個人への活動へシフト)

どうも私の区切りは、十の位ではなく、一の位が2である感覚があります。
変化の歳です。これまた43歳以降のイメージが皆目イメージできずにいました。

でも、何か変化を求めていました。

それまで、企業や学校での仕事がメインだった私。

企業セミナー風景
幹部職のためのコーチング研修


ムクムクと「個人の、本当に求めている人と向き合いたい」

という思いが湧いてきました。

私個人で行う個人カウンセリング、個人を対象にした講座。
 

変わりたい」
「もっと楽しい毎日を手に入れたい」
「今の自分じゃいやだ!」


そんな本気な思いで、自己に投資する方のために、
これまでの経験と学びを惜しむことなく提供して、心からサポートをしたい。

「人生にムダはない」というけれど、
それに私も異論はないけど、

やっぱり、同じことをぐるぐる悩む時間は、もったいないです!

1人でも多くの方が、自分の本当の心の声に気付き、

気分爽快に生きていけるように☆
自分で自分の悩みが解決できるようになるように☆

これまでの私の知識と経験を余すことなく役立てたい!

もしも、今、あなたが人生の大切なカリキュラムの中にいるのなら・・・
あなたが変わるタイミングにいながら、歯がゆい思いをしているのなら…

私と一緒にその課題を紐解いてみませんか。

そこにはきっと素敵なギフトがあります。

そして、そのギフトは、これまでより、
もっと素敵な人生を手に入れるためのパスポートになるはずです。

■48歳(プチ悟り)

人に話すと「悟りを開いた」と言われることを体験しました。

体の仕様がバージョンアップしたような不思議な感覚。

私は、人よりネガティブ感情による体の不快を人一倍感じていたのかもしれないと
思うほど、体が楽になりました。

ネガティブな感情も感覚は、維持できず消えていく
そんな感じです。

それまでも、心のことを学ぶようになったことで
感情に「振り回されなくなった」「飲み込まれなくなった」のですが

それまでとは違う、体が変わったと確信するほどの変化でした。

と同時に、「自分が」というような強い欲もなくなった自分に戸惑いました。


それは、私にとって、

「どうしても、こうしたい!!」

という強い思いがなくなって、自分がなくなったようで
一種の寂しさを伴うものでした。

よくいえば、いつでも穏やかで幸せ、、、
静かな毎日です(笑)

■50歳(新しい自分で再出発)

そんな静かな毎日を送る中

新しい自分が何をしたいのか

自分の心の声に耳を傾けてきました。

ちょうど、コロナ自粛も相まって
世界中の人が一緒に価値観の変革を遂げたように思います。

これまで、幸運にも39歳で心屋流に出会い、
42歳から初代マスター講師として務めさせていただき、心屋流の一番の古株として活動させていただいてきました。

その間、師匠心屋仁之助氏がテレビ(日テレ・ナイナイアンサー)に出演し、ブレイク!

そのおかけで、私も心屋バブルと言える幸せな時間を過ごさせてもらいました。
そこにいなければ見られなかった別世界。

心屋塾も、師匠心屋仁之助氏が塾長を退き、次のフェーズに進んだ今

私も、もっと私個人として、繋がりたいと思うようになりました。
悩んでいる時だけでなく、その方と共に生きるように^ ^

そして、私の喜びは、自分がいいと思ったものが必要な人に届いて
幸せが広がっていくこと。

その方法を、ここで展開していきたいと思っています。

あなたとも繋がれますように☆

気分爽快カウンセラー 高橋かのん

タイトルとURLをコピーしました