「しんどい」毎日からの脱出 自分らしく生きる

あなたの幸せの許容量はどのくらい?人は幸せの量をコントロールしている?!〜もっと幸せを受取れる自分の作り方〜

幸せの許容量 「しんどい」毎日からの脱出
スポンサーリンク

人は、幸せの量を自分でコントロールしている

と聞いて、あなたはどう思いましたか?

まさか!

みんな幸せになりたいし
幸せでいたいと思ってるでしょ?

と思ったあなた

はい、その通りです!

ただ、
「意識上では」と付け加えておきましょう!

それは、
無意識では、そうなっていない

と言う意味でもあります。

これも、自分では気づきにくいかもしれません。

なので、

「なぜか幸せと縁がない」
「あと一歩のところで、幸せを逃す

「今以上の幸せになかなか手が届かない」

思っている人は、その可能性がある
思ってみてくださいね。


特に、これは、
幸せを前にした時
幸せになった時に感じる

「居心地の悪さ」
「怖さ」
「罪悪感」

が手がかり
になります

どういうことなのか説明していきますね

「幸せが手に入った不幸」って何?!

「幸せが手に入った不幸」って

なんじゃそりゃって感じですよね^ ^

少し前に

「幸せになる勇気」って本が
ベストセラーになった時も

違和感があった人も
いたことでしょう(^ ^)

幸せになるのに
勇気がいるのかーい?!って(^ ^)

でも、ほんと、

受け取れる幸せの量って
人それぞれあるんですよね

それを超えると怖くなる

そして、無意識に調整するようになります

「幸せが手に入った不幸」の事例

絵に描いた事例

以前、テレビをつけていたら
放送されていました

火曜サプライズの
とろサーモン久保田さんです
(2018.5.9放送分)

M-1で漫才の王者となって
賞金をもらい

その後、仕事がわんさか増えて
今までの苦労が報われて

忙しいながらも順風満帆

さぞかし、
喜び、幸せなことだろうと思いきや

なぜか最近、うまく笑うことができない


との悩みを
江原啓之さんに打ち明けていました!

「今までは
 テレビのお仕事なんてなくて

 いつも楽屋で
 汚い話で手を叩いて笑っていたのに

 綺麗な世界に入って
 顔が引きつって
 今までのように笑えなくなった

 笑ったら笑ったで
 その笑い顔が貼り付いたように
 戻らなくなる」

というのです。

普通に聞いても重症ですf^_^;


それに対する江原さんの回答は

「小さい頃から
 体が弱かったこともあり
 みんなに祈られて生きてきた

 そんな中、
 苦労に負けないと
 笑いに変えて生きてきた

 それなのに
 今、華やかなところに来て
 罪悪感がある

 それが理由

 今まで闇を見て
 光を作ってきたけれど

 これからは
 光を知ることで
 より闇がわかるようになる
 光も笑えるようになる

 だから、
 もてはやされることも
 幸せを感じことも今、必要」

となんとも素敵な表現でした。

それを聞いた久保田さんは

さらに

「先輩にご飯をおごってもらっても
 全部食べなかったりして

 幸せを全部手に入れることが
 怖かった

 幸せと不幸のバランスを
 取ろうとしてた

と告白しました

その心を江原さんは

「人に迷惑かけてきた
 申し訳ないことした

 それをプラスに変えなきゃ
 って、やってきた

 だから
 いいことがあっても

 そんなこと
 受けられる人間じゃない!
 そこそこ幸せでいたい

 と言う思いがある

 今まで不幸のどん底になったら
 誰かが助けてくれた経験をして
 それを確信しているから

 幸せばかりじゃダメ

 と思ってしまう」

と解説しました

 

幸せの量をコントロールしている

ね!

この事例、幸せの量をコントロールしてることが
よーく現れていて、わかりやすいのではないでしょうか

恐ろしいことに、私たちは、

こんな風に
自分で自分の幸せの量
コントロールしてる
んですよね!

怖くないですか?!

あなたの中でも
無意識に行われています

セルフイメージのなせるワザ

久保田さんは、江原さんと話す中で
内なる声を顕在化していましたが

通常、無意識で自動です。

これをしているのが

心理学で言う
これまでにも何度も出てきた

セルフイメージです!!

自分が自分を
どういう人間だと思っているか。

それが伴わないまま
周りの環境が激変すると

ついていけなくなるのは
あるあるなのです

自分は、どこまで
幸せになってもいい人間か

って自分で決めてるんです

そして、
幸せになることを禁じるのが

罪悪感です

(このあたりのことは
また別途詳しく書きたいなと思っています。)

それと、今回の話は
人生観も入ってますね

人生とは、・・・
幸せとは、・・・

って概念です

人生、山あり谷あり
って教わりますもんねーーー!!

人生、悪い時ばかりじゃない

とか言われたら

じゃ、いい時ばかりでもないのか・・・

ってことになったり笑

そういう頭の中の考えに
知らず知らずに左右されているのが
私たちなのです
!

幸せの許容量を超えると
調整したり

更に能動的に

不幸になる

っていうか・・・

自ら不幸を作る

そんなことが起こるのです(ひゃー!)

 

「幸せが怖い」「不幸を作る」とは

「幸せが怖い」
この心理をよく表しているのが

名曲「神田川」です

ラスト
「ただ、あなたの優しさが
 怖かった」

これです!

幸せな状況で「怖さ」を感じていること自体
その幸せを満喫しきれていない

わざわざ不幸を作っているとも言えます

お金が欲しいと言いながら
叶うと、失う怖さに苛まれる
みたいな・・・


幸せでいると
「失う怖さ」の方へ目を向けてしまう

ついつい失う想像をしてしまうのは
心の深いところで

・こんな優しさ(幸せ)を受ける価値が自分にはない
・こんな幸せが続くわけがない

この状況は、おかしい
長く続かない

と思っていることにあります

これが、相手に対して
何かあるに違いない

との疑い(不信感)になったり

どうせ、あなたも
そのうち離れて行くんでしょ!!

って卑屈さになっていくと

自ら壊す方向に行ってしまうのですf^_^;

「不幸でいてこそ私!」
なのであり

不幸でいる方が安心する

ってことがあったりするのです

もっと幸せを受取れる自分になるには

自分に幸せを許していきましょう!!

と言っても、無意識ですからね

具体的には

次のようにつぶやいて
自分に教えていってあげて欲しいのです

どこまでも幸せになっていい!!

ずっと幸せばっかりでいい❤︎

私って、幸せな人❤︎


って(^_−)−☆

セルフイメージも変えていきましょうね!

特に、幸せを受取り拒否する
セルフイメージには
こんなのがありますから
こちらも参考に^ ^ ↓

おすすめ本

コメント

タイトルとURLをコピーしました