「しんどい」毎日からの脱出 自分らしく生きる

「人生を楽しめる人」と「毎日しんどい人」の違い。かのんの “5段階☆幸せピラミッド”説

幸せピラミッド 「しんどい」毎日からの脱出
スポンサーリンク

幸せは、なるものではなく

そこにあるもの
感じるもの

なーんて、よく言われますが

私は、幸せは「築く」ものと思っています

そう、幸せは、
与えられるものでもなく
(幸せにしてもらうものでもなく)

自分で作っていくもの、増産していくもの!!

いくらでも、幸せは作れるのです❤︎



マズローの5段階欲求ではないですが
幸せを5段階にするとわかりやすいなと
思っています

人生を楽しんでいる人、幸せな人は、
この5段階の幸せを下から築いています


毎日しんどい人は、土台グラグラの
逆ピラミッド
になっているのです!

幸せピラミッドとは

さて、私が唱える幸せピラミッドとは
どんなものでしょうか

図にするとこんな感じです。

幸せピラミッド

土台となる一段階目「絶対的安心感」

一番下の土台、1段階目は、「絶対的安心感」です

「私は何があっても大丈夫!」と言う感覚です。

それは、「3つの信頼」と「繋がってる感」で
成り立っています。

「3つの信頼」とは

「何があっても、なんとかするし」と言う自分への信頼
「みんなもいるし」という他人(身近な人)への信頼

「きっと、なんとかなる
 なんとかならなかったら、その時は、その時だ
 すべては、ベストに回っている」

という
この世や自分の運命、人生への信頼(委ねる覚悟)

です。


これは、「being」の部分で
いつも心に「ある」ものです。

2段階目は「五感の幸せ」

2段めに築くのは、五感の幸せです。

幸せは感じるもの」の代表ですね!

五感とは、「視覚」「聴覚」「味覚」「臭覚」「触覚」

これらの心地良さを、自分で選んで
たくさん感じこと!



名台詞「考えるな、感じろ!」ってことであり、
「今、ここ」に集中するってことでもありますよ。


好きなもの、綺麗なものを見る
心地いい音楽や音、声を聞く
好きなもの、美味しいものを食べる
好きな香りをかぐ
肌触りのいいもの、温度を感じる

これは、こまめに、作れますよね♪

3段めは「好きなこと、楽しいことをする」

3段めは、
・好きなこと、楽しいことをする
・好きなものに囲まれる(好きなものを身の回りにおく)

つまりは、そうして
自分を喜ばせるってこと^_−☆

これも、いくらでも増やせますね♪

ちなみに、私は、昔
必要なもの、投資になるものにしか
お金が使えませんでした


自分の幸せのために、
自分が楽しむためになんて
お金、使えなかった・・・

あなたは、どうですか?

けれど、このパワーって
すごいんですよね。


そして、あなたのいる場所

住んでいる場所は、
あなたの好きな場所ですか?


あなたのお部屋を見渡すと
好きなもので囲まれてますか?

それがそこにあるだけで
嬉しくなるようなものは、どのくらいありますか?

もし、安さて選んで置いているようなら
こちらを参考にしてみてくださいね

4段めは「してみたいことをする」

4段めは「してみたいことをする」です

これが、ワクワクを作ります。
好奇心を満たします。

好奇心は、満たしたら満たしただけ
増えていきます。

雑誌やテレビで見たあれ
誰かから聞いたあれ

私もしてみたーい!

と思ったら、やってみましょう♪

まずは、どんな楽しそうなものが世の中にあるのか
知ることから
始まりますよ♪


ここ段は、「時間」と「お金」があれば
できるもの
になります

それをするのに何かしらのハードルがあって
そこに向かっていくいく必要があるものは
5段めになります

ただし、お金があればできると言っても
すっごくお金がかかってすぐにはできない
貯めてから叶えるものなら、5段めになりますね


この段の特徴は、

1度したら
もうこの段ではなくなる

こと

一番、入れ替わりが激しい段になります

1度やってみて
気が済んで、もういいやとなる場合と

好きになって、「またしたい❤︎」と
3段めに組み込まれる場合があります

ここは、循環しています

そんな特質があるので、この段は
いつもあるってわけでもないということ

しかも、

してみたい❤︎ → してみる

のスピードが早ければ早いだけ
この段にあるものは少ないわけです!!

なので、この段のベースは

該当するものがない時間も
「どこかにないかな〜」ってアンテナを張って探している

それ自体のワクワクになります♪

一番上は、「夢に向かう・自分の枠を超える挑戦をする」

一番上は、

自分の枠を超える挑戦をする

その中に、「夢に向かう」も入ります


自分の枠を超える挑戦をするわけですから
当然「怖さ」を伴います

怖いまま、えいやっと挑戦する

エキサイティングな部分❤︎

リスクを伴う挑戦は
「生きてるー!」って刺激になる部分ですね^_−☆

「幸せがつまらない」という人は
ここが抜けているってことですよ

まとめ

この5段階は、上にいくほど
高度になっていくとか
高尚になってくとか、
そんなことではありません

下から、積み上げていくものであり
見たままの、量、ボリュームを表しています

土台は、常にあり
上にいくほど少なくなっていく
それがいいバランスです

そして、上2つについては
どのくらいあるのがいいのか

人それぞれで

穏やかな幸せを望む人は、なくてもいいくらいだし
刺激的な人生にしたかったら
ボリュームを多くした方が楽しめる

自分らしい幸せのバランスがあると思います

そして、それは、年齢によって
変わってくるものでもあるでしょうね^_−☆

初めから、私にいいバランスは・・・
と難しいく考えるより
やってみること

バランスって、
最初に決めてその通りのバランスにしていくっていうより

やりながら調整していくものですよね!

しんどい人の逆ピラミッドとは

さてさて、では
しんどい人は、どうなっているかというと・・・

ピラミッドが逆さになっています!

こんな感じ

自己否定逆ピラミッド

土台が築けていないので、グラグラです。

そして、これが手に入れば幸せになれると思えるものを
手に入れようと、いつも忙しくて、いっぱいいっぱい。

これ、一見、人生を楽しむ人の「夢に向かう」のように見えるし
本人もそう思ってやっているのです

幸せそうに見える人は、「そうやって手に入れた人なんだ!」
と思って、「自分も!」それを手に入れれば幸せになれると信じて
頑張るのです

でも、そこに向かうマインドとしんどさが全然違う・・・


そのしんどさから卒業して幸せに向かいたいのなら
この全体像を知って、
まず、土台を作ることが一番大事です!!

なぜ、土台がグラグラの人がいるの?

幼少期の環境で、愛されて守られた安心感の中で育たないと
残念ながら、うまく築けません

ええ、ええ、私もそうでしたけど。。。

すると、土台がグラグラで心が不安定でもろくなります。

でも、じゃ、幼少期に作られなかったら一生アウトかと言うと
そんなことないんです。

いろんな出来事や出会いの中で
大人になってからでも、
築き直すことができます。

そして、私個人としては

幼少期にこの土台ができた人は
本当に幸せだなあと思う一方で

それしか知らない
残念なところもあると思っています


昔、ある優良会社で
中途採用者にインタビュー調査する仕事を
したことありましたが

口々に言っていて印象的だったのは

「この会社に新卒で入った人は、
 ここしか知らなくて、これが当たり前で、
 この会社がどんなに恵まれているか
 わかってないのが、ある意味不幸に見える」

ということ


それと同じように

土台グラグラから築き直した人は
グラグラ時代を知っているだけに

より一層の幸せを噛み締められるし
人の痛みがわかる人になれるのではないかなと
思っています

人は、「親を選んで生まれてくる」とも言われていますが

厳しい課題をクリアして
より一層の達成感と幸せを感じるために

わざわざ厳しい環境を選んできたのではないか
とも思うほどです


そして、なんだかんだ言って、
やっぱり、単純に、私は
そうやって人生を変えてきた人が好きです❤︎

変えていこうとする人が好きです。

だからこそ、
それをサポートしたいと思う^ ^


というわけで、

この土台の作り方、ピラミッドの築き方が
気になるところだと思いますが

実は、
このサイトに、たくさん散りばめています^_−☆

というか、私の仕事の全ては
そのためにしていると言って過言ではありません^ ^


本サイトで、気になるところをピックアップして
読んで、取り入れてみて頂ければと思いますし

実は、今、それをトータルにお伝えする
無料のメール講座を、作っているところです!

出来上がったら、ご案内しますね♪
お楽しみに^_−☆


ちなみに、お仕事は、
私の幸せビラミッドを築く一要素になっています❤︎

関連記事



コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました