「しんどい」毎日からの脱出

「私はいない方がいい」透明人間になろうとした私の体験

自分はいない方がいい 「しんどい」毎日からの脱出

「自分はいない方がいい」

このテーマでの記事は
本webマガジンで
人気記事1位になっています

こちら↓

私もある状況下で
その感覚が、すごくよくわかる体験をしました

事例として
わかりやすいと思いますので
ここでご紹介いたしますね

「私がいたら嫌だろう(いない方がいい)」

だから、なるべく透明人間になろうとした
体験です

透明人間になろうとした私の体験

それは、
最初に学んだカウンセリングの
勉強中での一コマでした

学びの一環で
先生のカウンセリングのアシスタントに
入っていた時のことです

私の役目は

カウンセリング前には

・お出迎え
・アセスメントテストを記入していただくこと
・だいたいどんなことを相談したいのか
 事前に聞くこと

そして
先生のカウンセリング中には

同席して、別の机(背中を向ける場所)で
カウンセリングの記録係

お帰りの際は
先生の後ろで一緒にお見送り

という流れでした


その時、私がどんな気持ちで
それをしていたかというと

きっと、来る人は
先生に話を聞いて欲しくて来るのに
私が出て行ったら

誰?
なんであなたに言わなくちゃいけないの?

って思われるんだろうなあ

それに、なるべく
カウンセリングに来ていることを
人に知られたくない
見られたくないだろうな
(そんな時代でした)

知らない人(私)がいて
いやだろうなあ

つまり

私は、来た人にとって
歓迎されない

いない方がいい存在だ


と思っていたのです


だから、

なるべく、透明になろう
務めたのです

自分はいない方がいい 透明人間

具体的には
どんな行動になったかというと

なるべ相手を見ないように
目を合わせないように

していました

そんな風に過ごしていた
ある日

先生から
こんな声をかけられたのです

「高橋さんは、
 来てくれた人に
 あなたがいてくれてよかった

 って思ってもらえるように
 動いているように見えないなあ」



その時の私は
ポカンとしてしまいました

だって
マイナスな存在で
なるべく透明になろうとしていたわけで

そんな存在の私が
いてくれてよかっただなんて
思われるわけない
と思っていたのですから

すると

先生が続けました

「ここに来る人は
 私に会うのに、みんな緊張していて
 何をどう話していいか
 わからない人も多い

 そんな時に
 あなたが出て行って
 事前に話を聞いてくれることで
 緊張がほぐれて行くんだよ」



私は驚きました

私は来る人にとって

いやがられる存在じゃなくて
プラスになれる存在なんだ?!


そう思ったら
なんだか嬉しくなったのです

そして、そう思ったことから
動きも変わりました

積極的に
笑顔で迎えて
声をかけるようになり

目を見て話すようになりました

歓迎

そしたら
クライアントさんがが帰る時に

「ありがとうございました
 いてくれてホッとしました」

と私にも声をかけてくれるように
なったのです!

それまでには
一度もないことでした

よく、

思考が先、現実が後

って言われますが

この時の体験を思い出すと

本当にそうだなーって
実感できるのです

つまり、思考が変わると
自然と行動が変わるから
現実が変わるのです!^ ^

この事例からお伝えしたいこと

もし、あなたが
目の前の人や
この世界にとって

自分を

マイナスの存在
嫌がられる存在
邪魔な存在

と思っているのだとしたら

きっと
それを踏まえて

あの時の私のように

・透明になろう
・邪魔にならないように
・なるべく、目立たないように
・迷惑がかからないように

と思いながら
動いているのではないかと
思うのです

だから
その動きの結果としての現実を
受け取っていて

それは、きっと
喜ばしい現実ではないんじゃないかなあ・・・

ほらね、やっぱり私は
どうせ

・マイナスの存在
・嫌がられる存在
・邪魔な存在

なのよ

と受け取れるような
現実ではないでしょうか

でも、それは

・マイナスの存在
・嫌がられる存在
・邪魔な存在

だと思って
そう動いているからなのです


あなたが
そういう存在であることが
真実だからではないのです!


もしも、あなたが

・プラスの存在
・喜ばれる存在
・歓迎される存在

なら

どんなふうに動きますか?

どんな振る舞いをしますか?

そのように動けば
今と違う結果がやってきますよ!!

そう思って
動いてみませんかーーーー(^_−)−☆

新しい世界を見て見ましょうね!

***

もしも、あなたが
自分を

・マイナスの存在
・嫌がられる存在
・邪魔な存在

と思っているだとしたら

それは、幼い頃の環境により
そう勘違いした可能性が高いです

もっと詳しく知りたい
もうそう思うのをやめたい人は
こちら↓

Re-Bornワークショップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました