「受け取りやすい言い方とは」同じことでも、こんなに違う!

受け取りやすい言い方 人間関係

昨日、こんな記事を書きました

言い方によって、受け取りやすさって変わりますよね

そこで、今日は、同じことを言うのでも
相手が受け取りやすい言い方をお伝えしますね!

スポンサーリンク

「邪魔」って言われたらイヤですよね

昨日ご紹介したシーンでは、

そもそも、ナイスレシーブをした選手に対して、
セッターが「邪魔!」と言ったことが発端のひとつでした。

レシーブ後にいた場所が、
エースがバックアタックするための助走の軌道で
出られずにいたのです。
 
その理由を知ったレシーバーは、
納得したわけですが

大概すれ違う時って、言葉足らずの時ですよね

「邪魔」と言われるとなぜ、カチンとくるかといえば

「あなたの存在」=「邪魔」

って伝わり方をするからです。

本当は、「その時、そこにいること」なのに。

邪魔

しかも、相手からしたら「邪魔だから、なんだって?!」
と大概なります。

実際に、「だから、どうしてほしい」がないので
ただの存在自体を否定する文句にしか聞こえない
のです。

受け取りやすい伝え方とは?

例えば、

下の簡易図のように、私はA地点に行きたい。
でも、その手前に相手がいる

—————————-
私   相手  A
—————————- 

相手に動いてもらわないと
Aに行くには、幅的にちょっと厳しいとしましょう

さあ、どうしますか?
 

1.「邪魔」

「邪魔」と言って移動いてもらうってのも
もちろん、ひとつですね

喧嘩したくてうずうずしている人以外
外でそんな言い方をする人はいないと思いますが

でも、家の中で反発してる人には、
こういう言い方、しがちだったりするんですよね(^_^;)


さあ、
他には、どんな言い方があるでしょうか

2. 「どけ(どきなさい)」

ふたつめは、
「どけ」
「どきなさい」

これは、命令形です

やつぱり、ちょっと反感持ちますね
 

3. 「どいて(どいてください)」

こちらは、依頼形

お願いされているわけですから
これまでより、ましって感じですね
 

4. 「どいてくれますか?」

これは、質問形になっています。

相手の意向を聞いていますので、断ることもできるので
リクエストになります。

(あ、もちろん、依頼されても断れるわけですが(^ ^))

こうなると、さらに受け取りやすですね。
 

5. 「どいてもらってもいいですか?」

今度は、同じ質問形ですが、更に許可をとる形になっています。

自分に対することの許可を求められると、
更に、尊重されている感じがして
受け取りやすいですね。

6. 「通して(通してください)」
7. 「通してくれますか?」
8. 「通してもらってもいいですか?」

これらは、3,4,5と形は同じですが

「どく」が「通る」に変わっています

これは、
相手がどくのか
私が通るのか


の違いです。
することは同じですけどね。

で、こっちの方が更に受け取りやすいと思いませんか?

それは、誰も自分の行動にとやかく言われたくないからです。
「させられた感」もなくなります。

そして、こちらは
「私が通る」ことに、相手が協力する形になりますので
いいことした感があって、ずっと気分がいいですよね。

「ありがとう」も違う意味になる

「どく」ことを求められて、
どいた後、言われる「ありがとう」と

「私が通る」ことに協力して
移動した後に言われる「ありがとう」は

別の意味を持ちます。

前者は、「言うこと聞いてくれて、ありがとう」
後者は、「私のしたいことを叶えてくれて、ありがとう」

後者の方が嬉しくないですか?^ – ^

一番トラブるのは

これまで、「言い方」について書いてきましたが
もうひとつ、トラブりやすく、本人もストレスMAXなやり方があります。

「邪魔」「どけ」も、もちろん、十分トラブりやすいですけどね・笑


それは、何かと言うと・・・


言わずに、なんとかしようとすること!!
更には、言わずにわからせようとすること!!


です。

今回の例で言うと、
言いづらいから、なんとか言わずに、無理くり横を通ろうとする。
ってのもありますね。

それでも、相手からしたら、
「なんだよー」って感じにすると思います。

更に、「そこにいると、邪魔だってことをわからせよう」
なんて思うと、困った顔をしながら、
無理くり横を通りながら、ぶつかる

とか、

ため息ついてみるとかね

邪魔だってこと、「気づけよオーラ」満載!!


相手からしたら、わけもわからず
そのいやーな自分に対する不満感だけが伝わってくる
感じになって

攻撃を受けたと思って(被害者気分になって)
攻撃してくるかもしれません。

そう、最初に被害者意識を持ったのは
こちらなのに(^ ^)


ちゃーんと言葉にして
お互い気持ちよく、過ごしたいですね♪

まとめ

いかがでしてか?

あなたは、これまで、どれをよく使っていたでしょうか。

次からは、ちょっと意識して、その時々で選べるといいですね(^ ^)


「自分が何をしたいのか」を伝えていきましょ(^_−)−☆

<おまけ> 緊急時には、行動の指示を

「邪魔」というのが、
「なんだとー!」「どうしろとー!」となるのと一緒で

危険な時に「危ない!!」と声をかけられても
人間、どう動けばいいかわからず、動けないものです。

危ない

そんな時には、「行動」、何をすればいいのかを言う
考えずにできるので、有効です

声で緊急性が高いことは伝わると思いますのでね。

例えば

「伏せて!」
「走って!!」

とか。

ジェスチャーもつけるとよりわかりやすい(^ ^)

「逃げて!」だと、何から逃げればいいかわからなくて
あたりをキョロキョロしちゃうそうですしね(^_^;)

いざという時、頭に入れておきたいですね(^_−)−☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました