【誤解・すれ違いをなくすには】誤解・すれ違いが起こるワケ2

好き嫌いバイアス 「しんどい」毎日からの脱出

誤解・すれ違いが起こるワケ1

では、

誤解・すれ違いが起こるのは、
誤解する側に「思い込み・決めつけ」があるからですよ

とお伝えしました

そして

どこからその思い込み・決めつけが生まれるのか
3つの理由ご紹介しました

今日は、更に、もうひとつ
別の角度からご紹介します

これが組み合わされると

・思い込み、決め付けが強まる
・誤解に気づきにくくなる
・確認してみようという気にならない

というものです

結果、関係がますます悪くなります

それは
マイナスバイアスです

詳しく説明していきましょう

スポンサーリンク

「あの人のことだから、きっと○○に違いない」がバイアスのベース

「バイアス」 とは、つまりは、偏った見方。
偏見です

偏見

「あの人のことだから」ってやつです

同じことをされても、言われても
相手に好意を持っているか
嫌悪を持っているか 


相手とうまくいっているかいないか で

真逆の解釈をしてしまうのが私たちなのです

例えば、何かの連絡がこなかった場合 
うまくいっていれば 

どうしたんだろ?
何かあったのかな?  
何かの事情があって
何かの考えがあって  

などなどまたまたや故意ではない
不可抗力でそうなっている 

と考えを巡らします  

逆に、うまくいっていないと相手だと 

「わざと?」 と言う故意である観点で考えて 

私を軽く見ているから
私を嫌っている から

と悪い方に考えてしまう

つまり「私を悪く思っているから、そうなんだ」
と、勝手に、その意味を乗せてしまうのです

これが「マイナスバイアス」です

どう悪い方に考えるかは
前回の記事をご参考に(^ ^)  


また、いいことをしてもらった時ですら
相手によっては、

素直にありがとうと受け取れず

「何の風のふきまわし?」
「何の裏があるの?」

 とその好意を受け取らなかったり・・・ 

人って面白いですよね(^ ^) 

結局は、自分が相手をどう見ているか 
にかかっています

そういうと、誤解された時に
傷つく人もいると思うので
もうひとつ重要な要素を付け加えておくと

実際の「その人への好き嫌い」 だけでなく

「人が自分をどう見ているか」
「人が自分をどう見てると思っているか」
など「人への疑い」にも影響されます

「人が自分を悪く思っているんではないか」という
ちょってややこしいですが

「人が自分に悪意を持っている」という人への悪意

なんですよね

疑いの眼差し

例えば
「悪意を持っているんではないか(私を嫌ってないか)」
と疑ってみていたり

「他人は敵」と言うスタンスでいると
人の言動を悪く受け取ってしまいやすくなります

ここでも、やはり「自分の世界は自分 」であり

コミュニケーションは自分としている 
と言えますね(^ ^) 

誤解・思い込みをなくすには


ということは 

たくさんの人を好意的に見られたら
素敵な世界になる

ということです^ ^

プラスのバイアスは、
大歓迎だと思うのです^ ^


けれど、

これを、

「嫌いな人がいてはいけない」
と受け取ると苦しいですよね

なので、いてもいいんです^ ^

人の言動を悪くとってもいいんです

けれど、
それが絶対的真実ではない

そうかもしれないし
そうじゃないかもしれない


それが常にあるのとないのとでは
全然違います

何か、相手の言動に意味をつけて
決めつけそうになったら
この言葉を一回言ってみるといいですね(^_−)−☆



そして、
「もし好意的な人が同じことをしたらどう思うか」を
考えてみると

更に、思い込みから抜け出すきっかけなります

別の世界が見えてくるかもしれません^_−☆


あなたにおすすめのエンタメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました