そんな「反省」しない方がまし!「反省」を履き違えてませんか?

反省 「しんどい」毎日からの脱出

あなたは、「反省」をする方ですか?

「反省」をした後、落ち込みますか?
それとも、やる気になりますか?

もし、落ち込むのだとすると、
あなたは「反省」を履き違えてます

そんな反省なら、しない方がいいです!!



本当の「反省」は、未来のためにするもの
やる気になるものなはずなのです

だからこそ、やる意味があるのです(^_−)−☆

では、「落ち込むだけの反省」と
「やる気になる反省」は、何が違うのでしょうか


順を追って、説明していきますね^ ^
 

スポンサーリンク

なぜ、「反省」して落ち込むの?

では、落ち込む人は、本当の「反省」ではなく
何をしているのでしょう?

答えは・・・

自責です!!

悪いことが起こった原因を自分に求めます
「私のせいだ」「私が悪いんだ」


そして、自分を責める・・・
「なんて、バカなんだ」「ダメなんだ」

結果、落ち込むのです

自責

人によっては、落ち込むことが
ちゃんと反省したことと勘違いしてませんか??


子供の頃、悪いことをして
落ち込んでいる姿を見せたら許してもらえた

なんてことがあると、そう学習しかねません


大人も大人で、
落ち込んだ姿を見て反省したと判断していないでしょうか?

もっといえば

「責める」ことを
「注意する」「しかること」だと思ってしまってる節が
あるんじゃないかと思うんです

叱る

そう、

世の中では

「してはいけない」ことを
「してしまった」者に対して
「もうしません」と言わせる

「しなければいけない」ことを
「しなかった」者に対して
「ちゃんとやります」と言わせる

それが反省させることだと取り違えている
きらいがあると思っています

そうやってきた人は、
その流れのくせが抜けなくなって

よくないことが起こった時に
自分の中で、それを発動させてしまう

つまり、
自分で自分を責めて
「もうしないようにしないと、いけない」
「もっと、ちゃんとやらなきゃ、ダメだな」

と安易な結論に止まり

結果、人生を滞らせることになります


この手の反省をしている心あたりがある人は
年齢が上がれば上がりほど、相当苦しくなっているはずです

なんせ、
「もうしない(してはいけない)」こと
「ちゃんとやる(やらなければいけない)」ことが
どんどん多くなるのですから!!

ここで、本当の「反省」に
切り替えていきましょうね(^_−)−☆
 

じゃ、本当の「反省」って、何?

第一ステップ

しない方がいい反省の第一ステップは
「私が悪いんだ、ダメなんだ」と自分を責めること


でも、本当の反省の第一ステップは

認めることです

責めることと認めることは、全く違います


自分のしてしまったことは
してしまったこととして

できなかったことは
できなかったこととして

その自分を許し、
ただ、「その時、そんな自分がいた」ことを
真摯に認めるのです

それには、その結果引き起こされた現実を
受け入れること

また、その覚悟が必要です

真摯に認める

その真摯な姿勢は、傍目には、
落ち込んでいる姿に映るかもしれません

だからこそ、その違いがわからないまま
過ぎてしまうのでしょう
    

「自分を責める」とは、
「過去の自分」を認め、引き受けることができずに
ジタバタしている姿なのです

その最たるが、「後悔」です(^_−)−☆


だめだった自分を認めるのは苦しいもの・・・

過去の自分を責めていた方が
今の自分にとっては、まだ気が楽かもしれません

私も、ついジタバタしてしまうことがあります(笑)

でも、「えいっ!」と覚悟を決めて、
「過去の自分」も自分だと、抱きしめましょう(‘-^*)/

「はい、したのは私です」
「できなかったのは私です」

「しちゃったね」「できなかったね」

「つらかったね」
って(^-^)

自分が自分をわかってあげるのです

それが、
自分の行動に責任を取るということだから。

自分の人生を自分で歩むということだから(^_-)☆

第二ステップ

そして、第二ステップ

しない方がいい反省は

もう◯◯しない
◯◯しなければいけない

と「禁止」と「べき」で
自分を縛る結論に達します

すると、
自分にブレーキが多くなっていきます

結果、どんどん動けなくなるです・・・

がんじがらめで動けなくなる


では、本当の反省は
何をするのかといえば・・・

その経験を踏まえて、
未来へhow(どのように)を考えること
です!

つまり、
じゃ、次は、こうしてみよーかな

こうしてみたらどうなるかな

という工夫やトライ( ^ ^ )

人生全てが、試行錯誤ですからね!

トライ&エラー

そして、エラーしたら、
次のトライの仕方を考えるのです!!

ですから、
「こうしたらよくなるかも♪」という希望が見え
やる気も一緒に出てくる
のです!


更に、今日の自分より、
明日の自分が素敵になる
って思えるのも
嬉しいことですよね❤︎
 

失敗やミスでは、もうワンステップ必要

例えば、何かの失敗やミスがあった場合で考えると
先の第二ステップは、
全てが終わってからでいいですね

なんせ、次(未来)のためのものですから


失敗やミスについていえば、
その前に、現場ですぐさましたいのは、
リカバリーです!

これは、
第一ステップを、その場で終えてないと
厳しいと思います

ですので、失敗やミスについていえば
正式には、第二ステップは
その場でのリカバリーですね^ ^

自分がしでかしたことを認めて、
そのために、起きている事態を認め、
引き受ける覚悟を決めて

じゃ、今、リカバリーできる最善の方法は何か?
を考え、動くことです

自分を責めて、落ち込んでいる場合じゃ
ほんと、ありませんね(^_−)−☆

思わぬ、ファインプレーで
さらにいい結果になることだってあると思いますよ

そして、反省は、そのあと
第三ステップとして

・どうしていたら、事前に気付けたか

これは、個人としてと、
ヒューマンエラーを防ぐシステムの両面で
考えるといいですね(^_−)−☆

そして、その上で、
再度、起きてしまったとして

次は、どのようにするのがいいか


改めて、落ち着いて考えることで
いいアイディアが浮かぶかもしれませんし

また起きた時に慌てません
 

全くやる必要がない「一人反省会」って?

一人振り返り、本当の反省をする—–

とても真摯で、素敵なことだと思います❤︎

でも!

誰かとの関係を思い出しては

あの自分の言動のせいで
・あの人は気分を害したのではないだろうか
・気を悪くしたんではなかろうか

結果、
・あんなことは、言わなければよかったんではないか
・あんなこと、しなければよかったんではないか

と「一人反省会」と称して、悶々する人がいます

反省会

もちろん、相手を気遣うことはとても素敵なことですが・・・

相手がどう受け取ったかは、
もちろん、その場で、よく相手を観察していれば
対応できることもありますが

帰ってきてから、考えても
わかるものではありません

答えがでないことを、ただ悶々、繰り返し考えていても
時間がもったいないというものです

そんなに気になるなら、
次に会った時に、聞けばいいだけです

また、次に会った時に
特に、聞く必要もないなと思えるかもしれませんしね^ ^
 
相手は、嫌だったら
ちゃんと言ってきてくれる


そんな信頼関係を築きたいですし
そう相手を信じて
もいいのではないでしょうか


そのためには、まず、
自分がそうする必要がありますよ(^_−)−☆

相手の中に自分を見ますからね(^_−)−☆



そうできないとしたら・・・、


ベースに「嫌われたくない」
「自分を悪く思われたくない」
があって

相手の言動を
・自分を嫌ってないか
・自分を悪く取らなかったか
を常に気にしているのです

その視点でのみ相手を見ていることは

相手を見ているようで
全く見ていないことに気づく必要があります


相手の中の自分しか見ていないし
興味がない状態です

誤解を恐れずにいえば
相手の中の自分への悪意に常に怯えているから

そこにしか、興味がない
と言えるのです


本当の意味で、相手に寄り添い
何を考えているか、何を感じているか
を観察できれば

あなたの人間関係は
劇的に変わることでしょう


その辺については、このあたりの記事もご参考にしてくださいね(^_−)−☆

自分への怒りは、本来、素敵なもの 〜上手に使いましょ(^_−)−☆〜

「自責」とは、自分が自分に向ける怒りです

本来、自分への怒りは、「向上心」です

ですので、自分にダメ出しして、責めて
自分を落ち込ませたり、傷つけることに使うのはもったいない!!

ぜひ、自分を奮起させる
やる気につなげましょう(^_−)−☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました