自分らしく生きる

「好きなことだけして生きていく」のウソ・ホント

好きなことだけして生きていく 自分らしく生きる

私が学び、教えてきた心屋塾では

好きなことしよう
嫌なことやめよう

(やりたいことやろう
やりたくないことやめよう)


をおすすめしていて
こんな本も出ています



でも、これを見た人の中には

それで、ホントにいいのかな?

と思われる人もいます


あなたは、どうですか?


はい、それ、
鋭いです!^ ^


え?
じゃ、やっぱり、ダメなの?

ウソってこと??

いえいえ、誤解しないでください^ ^

私は

フェーズによる

と思っています

そんなことをいうと

実行していい人と
悪い人がいるように
思われるかもしれませんが

それも違いますよ


基本的には
おすすめですが

素直に、心に従っていいフェーズにいる人と

そうではなく
「好きなこと(やりたいこと)」を
勘違いしてしまうフェーズにいる人がいる

ということです



実行しているつもりでも

「好きなこと(やりたいこと)」を勘違いしていて
そうなっていない・・・

違う方向に進んでしまっていたり


そうしようとするあまり
自分を苦しい方へ追いやってしまったり

してる場合があるってコト!

ですので
もし、勘違いしてしまうフェーズにいる人は

本当に好きなこと、やりたいことって
どんなことかを理解した上で
トライした方がいい^ ^


では、それがどんなものか

また、
どう考えて実行していけばいいか

これから説明していきますね^_−☆


しっかり理解して、
トライしてみてください❤︎


実は、私たちカウンセラーは
あなたが本当にやりたいことを
一緒に、見極めて

そして、応援していくのも

(背中を押す
尻を叩く
蹴り飛ばすともいう笑)

役割のひとつだと思っています^_−☆

「好きなこと(やりたいこと)」を勘違いしてしまうとは

「好きなこと(やりたいこと)」を勘違いしてしまうとは
どういうことでしょうか

項目ごとに、お伝えしていきますね

「怖いこと」は、やりたいことですよ!

「好きなこと(やりたいこと)」と

「楽なこと」
「安全なこと」

とは違います


何を言っているかというと


本当は、やりたいことなのに
失敗するのが怖い

ブレーキがかかります

すると思うのです

「怖い」と言うネガティブな感情に

これは、やりたくないと・・・

怖い=やりたくない

と・・・


でも、本当は、これが
ストレスをためる悪循環なのです

やりたい
 ↓
怖い
 ↓
諦める(我慢)
 ↓
でも、やっぱり、やりたい
 ↓ 
でも、やっぱり、怖い
 ↓
やっぱり、諦める(我慢)
 ↓
でも、でも、やっぱり、やりたい

とキリがないのです

で、それだと苦しいから
その溜まったストレスのエネルギーを

別のところへ
向かわせることになります

例えば、

やりたいことをやっている人が
本当は羨ましいのだけど

批判してしまう・・・

あるいは
本当にやりたいことではなくて

安全にできること

の中から、
やりたいことを探す


などです

そうなると
本当にやりたいことを
しない人生になりますよね


そして

諦めることがくせになると
意識できないくらい
自動的に、すぐ却下するので

やりたいことがわからなくなる

なんてことも起きてきます

本当にやりたいことが
なぜ、「怖い」かというと

それがあなたにとって
挑戦だからです

だから、

・やりたいことやる
・好きなことする

というと
あまっちょろく
感じるかもしれませんが

実は、すごーく
挑戦に富んだ世界なのですよ!!

これからは

怖いからやめる

ではなく

怖いけどやる
怖いからやる


を選んでみると

人生が劇的に
変わっていきますよ^_−☆


最後に、
怖いからできないことだってあります

いいんです

いいんです

そんな自分も責めなくて良くて

怖いね
怖いよね

本当はやりたいよね

って、寄り添って
自分をわかってあげてくださいね^_−☆

そして、少しづつでも

というか、
小さいことからでも

やっみましょ❤︎

「ダメな自分」を見ないために「やりたいこと」は、そっちじゃなーい!

例えば、「髪を青に染めたい」
という人がいます

それは、好きなこと、やりたいことでしょうか?

答えは・・・

ヘアカラー

それだけでは、わかりません笑

(ごめん、がっくりきた??)


「なぜ、そうしたいのか」
による
のです

例えば、それが
「青が好きで、青にしたら
 鏡を見る度に、テンション上がりそう♪」

と言うなら、
本当にやってみたいことでしょう


けれど、これが
「自分は、人から話しかけられても
 どう返していいかわからなくて、変な空気になる・・・

 だから
 髪を青色にしたら、話しかけられなくなって
 そんな思いもしなくてすむでしょ」

なら、どうでしょう?

これは、

「人とうまく関われない自分」を
感じるのがいやだから

その機会をなくす、

ダメな自分を見なくて済むために
やりたいこと


です

これは
本当にやりたいことでは
ありません

まがい物です

本当はしたいコト、目指したいのは
「人と楽しく関わっていくこと」

なんです

それが「できない」と
思っているからの策

これは、閉じていく方向ですよね

開いていきましょ^_−☆


これは「整形」などでも
よく言われることです

整形

今の顔じゃ、愛されない

と思って整形をすると

それでも、
愛されないと感じることに出会った時

また整形したくなる・・・

心の根本に
「これじゃ、だめだ」

があり、そこが変わらないと
永遠に続きます

また、整形後に愛されても

本当の自分ではなく
整形したから愛してくれる

と思い込むと
虚しくなるだけです・・・


「本当の自分で愛されてる」

これが実感したい経験のはずですよね

(ちなみに、今の自分に、オッケーが出せると
自然と感じることができるようになります)

本当にしたい、好きなことと
まがい物の勘違いのしたいこと、好きなこと

の区別、伝わりましたでしょうか?

反発してるだけは、本当にやりたいことじゃないよ

人は、誰もが、
誰かに言われてやるのは

言われる人にもよるのでしょうが
やらされ感が出て、いやなものです

あなたも、そうじゃないですか?


でも、誰かに言われたから
特に、あの人に言われたから
「やりたくない」「いやだ」

ただ、それだけで「やらない」を決めているのだとすると
それって、本当の自分の希望?

ってことになりますよね?

日々の中では、
言い方が気に入らないとか
経緯が納得いかないとか
そんな想いによる自分の判断は
あるでしょうがね^_−☆


一番多いのは、親の望む職業には
つかない!

みたいな反発です^ ^

もちろん、親の望む職業につくのも
「親の期待に応えよう」としているだけのことも多く

自分が本当に選んでいるのか
今一度、考えてみた方がいい

でも、逆に反発してるのも
本当の心を反映させてるとは言えないのでは
ないでしょうか

ずっと反発して、
親と別の職業についていて

いろいろ経験して
最後に、たどり着いたのが親と同じ職業で
実家を継いだと言う話は、よく聞く話です

誤解しないで欲しいのは
それがダメだと言ってませんよ

その過程こそ、人生だと思いますし
意味あることだと思います


逆に、ただ、言われるままに
同じ職業に継いて

(なんの違和感もなく
一生を終えるならいいのですが)

ずっと、自分のしたい職業を
我慢していたり

ふつふつとしてきて、
人生を後悔するなんてことより
ずっといい!

それから、自分の人生を生きるのも
それはそれで、

それもまた人生って
感じですけどね^_−☆

そういうのを、やってみながら
本当にやりたいことにたどり着く
長期版と言えるのでしょうね

すべては、本当にやりたいことに
たどり着くための過程で尊いもの❤︎


職業などは、そうですが

例えば、
“ただルールというものに反発”して

その意味を考えず
破ることがかっこいいと思っていたりするとしたら

それは
かっこ悪いなと思います^ ^

そういうのは、子供の頃に
済ませておきたいですね^_−☆

というわけで

ただ反発したいだけなのか
自分なりの考え(想い)があっての「したい」なのか
区別したいところですね❤︎

自分を決めつける「嫌い」「嫌」は取っ払ってみましょ!

悩んでいる人
特に、悩むことに人生の大半を使ってきた人は

「楽しむこと」を後回しにしてきている傾向があります

だから、私が担当してきたカウンセラー養成講座では

「遊び」をプログラムに取り込んで

一緒に遊ぶ時間があります

私、自分のやってみたかったことを
組み込むことにしているので

毎回、企画するのも、行くのも、
誰よりも楽しみにしています笑

いろいろ、行ったなあ

ざっくり思い出すところでも

花火大会
お台場でBBQ
劇団四季宝塚歌舞伎などのショー
相撲
キャニオニング
室内スカイダイビング
サバゲー
ストリップ
舞妓遊び
迎賓館

などなど


すると、時折

「好きなことじゃないから欠席します」

という人が出てくる

おいおいおい

となります笑

やったことあるの?

って

大概、「ない」って言われます

あとは、
前にやった時、楽しくなかった
とか

これって、とっても勿体無いことです

せっかく、トライする機会がやってきたのですもの!!

その考え方でいくと
「わかっている好きなもの」から
広がっていきません



やってみようかな❤︎
やってみたら、楽しいのかも?!

楽しいかどうか
わからないから、やってみるかー

こんなことから、
「好き」から広がっていきます
よね

そう、これも
閉じるのではなく
開いていこう♪

ってことです!

誰かが興味があることに
乗っかってみる

これって、
「やること」と「その人」への
興味が広がっていくってコト^_−☆


で、やってみて

「楽しかったー♪」

ってなるコトもあるし

「前、会社(家)の行事でやったら
 行ったら、全然楽しくなかったけど
 このみんなだと、楽しかったー!!

 誰とするかでこんなに違うんだー!」

なーんていう
コトになったりします^ ^

で、

もちろん
楽しくなかったー

ってコトもあるって

そっかー、残念だったね

なのだけど

やらないで、楽しくなさそう

ってのと

やってみたけど
楽しくなかった

は、雲泥の差があります

やってみて、わかること

これを大事にするかどうか

人生の体験、経験の数は
うんと変わってきますよ!!


人生は、経験してなんぼです!!^ ^


で、やってみたら
本当に大変だったねー
ひどかったねー

ってコトもあるのだけど笑

それはそれで

後々まで語れる思い出に
なるんですよね

そんなコトを一緒にやった仲間って
距離がキュッと縮まるんです❤︎

何をするかではなくどんな気持ちでするかが大事

で、ここでもう一つ
大切なコトを言いますね

「せっかく用意してくれたんだから、やらなきゃ」

ってやるのも、ちょっ残念なんです

これって、
人をガッガリさせてはいけない

が入ってる

他人軸ってコトです

せっかく、やるなら
自分のワクワクと結びつけて
前向きな気持ちに整えて

やりたいですね^ ^


何が言いたいかというと

物事は

何をするか

ではなく

それをどんな気持ちでするか

が大事
だってコトです^_−☆




この辺の微妙な
「好き・したい」は
自分とじっくり向き合うコトが必要です^ ^


でも、そういうと今度は

本当にしたいかどうか
好きかどうかわからないから

やらない


って人も出てきて笑

正しさに固執したり
完璧主義な考え方で

これもまた
不自由なのであって笑

とにかく、やってみればいいよ

となります

伝わりますかね??


んー、わかんなくなったら
話しにきてね笑笑

「好きなこと”だけ”にしなくちゃ!」と脅迫的になると苦しいですよー

真面目な人ほど陥りやすいワナです

「そうか、好きなこと”だけ”か、よし!!」

と思って

「好きなことだけ」をしようとする


それって

「好きじゃないコトは、しちゃいけない」

になっちゃってるってことなんですよね


で、

「好きかどうか」だけを真剣にジャッジして

好きかどうかわからないこと
グレーなことは、やらないになる・・・


そして、
好きでないことをやってしまったら
自分を責めてしまう

なんてことに陥ってしまうのです


そんな厳密にはできませんよー^ ^
もっとファジーで行きましょう^

 
最初は
しなければいけないと思っていることを
やめていく

そんなイメージでいいのです

なぜなら、

好きなことをしよう

のメッセージは

これまで

「しなければいけないこと」
「すべきこと」

を優先してきた人にこそ
伝えたいメッセージ
だからです


それなのに

好きなことだけに
「しなければいけない」

と取り組んでいたら
元も子もないわけです!!

その「しなければいけない」と思って
行動するクセをやめて

「好きなこと」をする方向に
していこう!

と言うお誘いなのですもの❤︎

少しずつ
自分のペースでいいのです^_−☆

まとめ

いかがでしたか?

「本当にやりたいコト」



「まがい物のやりたいコト」

の違い

ご理解いただけましたでしょうか

本当にやりたいコトに
まっすぐ取り組めたらいいですね❤︎

自分のペースで、少しづつ^ ^


そして、
いろいろ書きましたが

わかんなくなったら
やってみたらいいですよ!^ ^

もし、違っていたとしても
すべては、本当にやりたいことに
たどり着くための過程
なのではないでしょうか。

やってみて、わかるコト

大事にしていきましょう♪

もちろん
「やってみたコトの結果(影響)を受け取る」は

セット
ですよ^_−☆

関連記事

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました