「あの時、もっと何かできたんじゃないか」とぐるぐる考えて、抜け出せずにいるあなたへ

何かできたんじやないか 「しんどい」毎日からの脱出
うーちゃん
うーちゃん

かのんた〜ん!
お友達がうつになっちゃった・・・
うーちゃん、この間会った時、何も気付けなかったよ
もっと何か、できることがあったはずなのにな、何もできなかった・・・ぐすん

かのん
かのん

うーちゃん、そっかあ
それは悲しいね
何かできてたらよかったよね、
確かに、わかってたら、きっとできることもあったかもしれないけど
知らなかったあの時のうーちゃんに、それは求めるのは酷というものよ
うーちゃんは優しいなあ^ – ^

さて、うーちゃんのように、

・自分の悪い結果
・自分と関わった人の悪い結果

に対して、振り返って、

「あの時、もっと何かできたんじゃないか」ってモヤモヤ考えて、
そこから抜け出せないことって、ありますよね

今日は、そんな時の考え方、対処法をお伝えします(^_−)−☆
 

スポンサーリンク

これも「しなかった後悔」のひとつ

これも、ひとつの「しなかった後悔」のひとつです

私がこうできてたら
私がもっと、こうしていたら
今、起きている悪い結果は起きていなかった

別の現実があったんじゃないかって。
 
特に、相手の悪い結果については
声をかけようと思ったけどやめたとか
なんらかの変化や違和感を感じたけど、そのままにしておいたなど

「しようと思ったけどやめた」があると
余計に思うのかもしれませんね

「悔やまれる」ってことだと思います


そう考えるときって

大体、
「何かしたらいい結果になる」イメージなんですよね

それって、過大評価しすぎですから~!!(^ ^)

そうしてたって、変わらない

とか

そうしてたら、もっと悪くなってたかも

って可能性もあるはずなんですよ^ – ^
 

どう考えればいいの?

一番大事なこと

それは

「あの時、あれ以上、何もできなかったから、今がある」

ってこと

それが現実

その現実を受け入れることです



受け入れるには、

できなかった自分を許すことが必要ですよ(^-^)

アホだった自分
判断力がなかった自分
気付けない自分
先見の明がなかった自分

あなたは、どんな自分が許せずにいますか?


そして、同時に
あの時、あれが精いっぱいだった

精一杯やった自分に気づく

ことが大事なんじゃないかな(^-^)
 
だって、
「あの時こうだったら」っていう

過去に可能性はない

のです
(頭の中の勘違いの可能性はあるけど(^-^))


だから、今を精一杯☆です

過去にとどまってないで
「今」に戻っておいでー^ – ^

今

結局、そのことを踏まえて

手に入れたかった「未来」のために
今、何をするか?


を考える位置にいるのです


これは、頑張り続けないといけない
とか、そういうことじゃないですよ

ちんたらしかできない時もあるさ

それが今の精一杯だと思うなら
それでいいじゃないか(笑)

私たちは、いつも、

その時の自分が
その時の自分に

一番良かれと思って
行動している


これでも
あれでも

精一杯だった自分


を受け入れてあげてくださいね^ – ^

そして、
そのことが、未来の自分のために起きたとしたなら
これから、どうしていくだろう?
(^_−)−☆
 

自分の悪い結果に対して、ぐるぐるしていたあなたへ

自分の悪い結果については「悔い」の方がぴったりきますね

試験や試合、大切なプレゼンなど、うまくいかなかった時
「もっと練習しておけばよかった!」とか

それは、もう次に向けて、行動あるのみですね!!

過去の自分を責めてモヤモヤしているヒマはありませんよ!
ちゃんと、「悔しさ」を感じて、次の行動につなげましょう!!^ – ^

他人の悪い結果に対して、ぐるぐるしていたあなたへ

今回のうーちゃんのように、他人の悪い結果に、
自分が何かできたんだんじゃないか

って、思いやる気持ちって素敵だと思います


けれど、さも、それが

「自分のせい」のように考えてるのだとしたら
行き過ぎというものです

あなたが「しなかったせい」で
あの人がそうなったわけではないですから

あくまで、悪い結果が起きた後で
振り返ってみた視点で考えたときの

たくさんある「そうならなかったかもしれない」要因のひとつなのです

でも、それを検証することなんてできない

ですので、そんな「罪悪感」不要です

これからのその人に、何ができるか
考えてみましょ

罪悪感からではなく、愛情で☆

もしかしたら、具体的な何かではないかもで
そっと見守ることとか
今度、関わる時に、これまでと変わりなくいるとか
そういうことかもしれません
 

身近な人が自殺で亡くなったあなたへ

この思いは、
特に、身近な人が自殺した時に抱きやすいですよね

ただでさえ、辛い時なのに
自分を責めて、責め続けてしまうことも
珍しくないんじやないかと思います


けれど、なぜ、あなたが気づかなかったかわかりますか?

それは、その人が「気づかれないようにした」からです

あなたに心配かけたくない
あなたには、元気な自分のイメージでいたい

もちろん、そんな水臭い!
言ってくれれば

って思うかもしれません

けれど
あの人も、あの時はそれが精一杯
良かれと思ったのです

その良かれを尊重して
あの人なりの愛情を受け取りませんか

その人を思い出す度に「罪悪感」で苦しくなるより
「大好きだった」思いが溢れる方が
その人にとってもいいに決まってますよ^ – ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました