ショック!!「嫌われた?」「無視された?」「ひどくない?!」と思ったら☆そんな時の身の処し方

ショック 「しんどい」毎日からの脱出

嫌われたのかな?

無視された?!

えっ、そんなことする人だった?
ひどくない?!

そんな予期せぬ誰かの言動に出会ったら
どうしますか?

もうその人とは関わらない?

今日は、そんな時、頭をよぎらせてほしいこと^ ^

そして、そんな時の身の処し方をお伝えします☆ 

スポンサーリンク

そんな時、頭をよぎらせてほしいこと

「嫌われた」「無視された」「ひどいことされた」

そう思ったら、今、
悲しんでいるかもしれませんし
今後について不安に思っているかもしれませんし
ムカついているかもしれませんね。

心中穏やかでいられない。

そんな時、「もうヤダ」と思って
その人から離れるのもアリ。

特に何度もいやな思いをする人と
わざわざ一緒にいることはありません。


けれど、「みんなひどい」と思っていると
関わる人が誰もいなくなってしまうのではないでしょうか。
 
結果、どんどん孤独感を募らせていくことになると思うのです。
勝手に一人にならないでくださいね☆

しかも、もし、あなたが信頼していた人
仲良くいたい人だったなら
、尚更残念ですもの!

そんな時、頭によぎらせて見てほしいこと
 ↓ ↓ ↓

誤解かも

それは、「誤解かも?」
と頭をよぎらせてみませんか?

これは、「誤解なんだ」と思い込もうとするのとは
違います。


決めつけずに、思い込まずに
そうかもしれないし、そうでないかもしれない
とフラットな位置に立ってみる

ということです。

誤解されるって、悲しいものですよね

けれど、誤解した側も、

相手のしたことを、「ひどい!」と受け取って、

勝手にではありますが
悲しい思いをしているんですよね

どっちも悲しい思いをしているなんて
切なすぎると思いませんか?

しかも、誤解なのですから、どこにもそんな事実はないのに・・・
感じなくていい悲しさを、両者が感じているなんて!

誤解だったとしたなら、なんなの?!

100歩譲って誤解だったとして、どういうこと?!

と思うかもしれません。

ひとつは、自分側の問題

この中に誤解に至った心当たりはありますかね(^_−)−☆
 ↓ ↓ ↓

そして、もうひとつは、相手の問題

「全く、気づいてない」
「なにか事情がある」
^ ^

その可能性も考えに入れてみる

それを慮ってみる、
あるいは、慮ってもわからないことも多いかもですので
「何かあるのかも」で十分です。

つまりは、相手には
「ひどいことをしてるつもりも」
「無視してるつもりも」なく
もちろん「嫌ってるわけでもない」

その可能性を加味してみましょ(^_−)−☆

そんな時の身の処し方

では、「誤解かも」とその可能性を鑑みたとして
どうしたらいいでしょう?

いくつかご紹介しますね。
 

1. すぐ確かめてみる

ひとつ目は、すぐに確かめてみる!

後で、「誤解だったんだ」と知るためには

「そんなはずないよね」
「何かの勘違い、行き違いよね」

と確かめる作業からがスタートです

でも、それを確認することって、
結構勇気がいることだったりするんですよね。

相手を信じることが必要だったりします。

だから、好きな人、関係を続けたい人だから
することなんですよね❤︎

コツは、「ひどい!!」という決めつけを捨てて
素朴な質問として、確認すること
です。

例えば、
・無視したでしょ?
・私のこと、嫌ってるから、そんなことしたんでしょ?
・あんなことするなんて、ひどくない?!

これって、「責め」が入ってるんですよね。

そんな疑いをかけられて
加害者扱いされるなんて
やっぱりイヤなものです

私にもこんなことがありました

メールを出したのに返事がない。

あれ?
そんなはずないよね。
と確かめたくて、
2回目のメールを出してみました。

でも、何の返事もなし・・・( ̄ー ̄;)

誤解

いやいや、なんでかな、

そ、そんなはず、ないよね・・・

それも含めて、教えてほしい
と思って、もう1度、メールしてみました。

2回送ったのだけど、
お返事ないけど、どうしたのかな?
届いてるかな?と

そしたら、慌ててメールと電話がきて
誤解だったことがわかりました。


どう誤解だったかというと
2回送ったメールは、
メーリングリストでだったのですが、

なんと送ったと思っていただけで、
実は、私が登録と違うアドレスで
投稿しようとしていたらしく、

投稿自体できてなかったという
驚愕の事実がわかりました(@ ̄Д ̄@;)

うっそ~、じゃ、他の人にも送った
応援メールやら、おめでとう&ありがとうメールも
送れてなかったんだ~Σ(~∀~||;)
という・・・

その人たちにとっては
私が無反応だった誤解も生んでおったのでした。
わかってよかった!!

2. 次、関わる機会に確かめてみる

もし、また関わる機会がある人だったら
その時、確認してみる
のもいいですね

さっきの私の例なら
「メールしてたんだよー! 読んでる??」って。

3. しばらく様子をみる

そのことで、仕事や生活に支障がないのであれば
しばらく、様子をみるのでもいい
ですよね

相手からの連絡がくるまで待つのもいいですし
また、別の接点や用事が出た時に、関わってみるのです。

で、その様子次第で、
「確認しなくてもいいやー」でもいいし

確認したくなったら、
確認してみればいいって感じで(^_−)−☆

誤解が溶けると距離が縮まる

誤解された方も

え~そんな風に私を誤解したなんて!!
ひどい!!

と怒って去るのも簡単なんですよね

だから、誤解した側が
誤解だと信じることと、
確かめる勇気が必要です。

そして
混み合った誤解になればなるほど
誤解を解く作業は、まさに共同作業。

お互いがお互いに、何でそういうことに
なったのか、

そう思ったのは、何があったからか

お互いに理解しようと努めて

ひとつひとつ、すり合わせていく必要があって、
それは、結構、大変な作業。

だから、お互いに、
これからも、仲良くやっていきたい
と思わないと成立しない作業
なんですよね。

そんな作業を乗り越えて、
相手のことがより深くわかると

お互いに

なんだ、そうだったんだ~

って言えるまでにいくと
さわやかです(^-^)

ふにぁにぁにぁにぁ~と
ほっとして、力が抜けて
涙ぐんじゃうほどです(*゚ー゚)ゞ

大変な共同作業をやり遂げた後は
信頼が生まれて、距離が縮まります

相手に、感謝も生まれて
もっと好きになります

感謝

これが誤解の効用ではないでしょうか(^^)

その人の前から去るのは、それからでいい


どうせ、その人から去るのなら

自分が精一杯、誠意を尽くして
確認してみて

それでも、やっぱり悲しい結果になったなら
その時、離れることを考えればいいのではないでしょうか

「やるだけやった」という思いが
清々しさを生みますし、自分を好きでいられるコツ
ですよ(^_−)−☆

 

関連記事

 

あなたの心に効くエンタメ

思い込みを解きやすくするってことで↓

「人を信じてみる」という観点から

スポンサーリンク
「しんどい」毎日からの脱出 誤解・すれ違い
kanonをフォローする
更新をメールで受取る♪
更新をプッシュ通知で受取る❤︎
毎日かのん 〜心の四次元ポケット〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました