失敗が怖いあなたがチャレンジする秘策

チャレンジ・挑戦するのが怖い 自分らしく生きる

「チャレンジ」には、失敗がつきものです。

なんせ、チャレンジとは

初めてのこと
今の自分の実力よりも高いパフォーマンスが
求められることに挑むわけですものね

失敗する可能性は
大いにあって当然です

だから、失敗を怖がっていると
チャレンジできない

ってことになりやすい


こちらの記事でも、
本当にやりたいコトは

怖いからやらない

 から

 怖いけどやる

 に変えていこう」

と言っています


怖さがなくなるのを待っても
なくならないから

怖いままやろう!!

もう覚悟を決めて

「えいやっ」とね^_−☆

清水の舞台から「えいやっ」

でも、そうはいっても

それでも

それがたやすくないのは
わかっています^ ^


というわけで

今日は、そんなあなたを
応援するために

失敗が怖い人が
チャレンジできるようになる秘策を
授けますよ笑^_−☆

スポンサーリンク

アトキンソンモデルから導き出す秘策

成功の可能性とやる気の関係

あなたは、何パーセントの成功率なら
一番やる気がでますか?


あなたからみると
なんで、あんなことに
たやすくチャレンジできるの?

と羨ましくなる人が
いるのではないでしょうか

なぜ、あの人たちは、
チャレンジできるのでしょう?

それは・・・

それが楽しいからです!!

えー!!

ですね? ^ ^


それを、よーく表す
心理学的なモデルがあります

アトキンソンモデル
というのですけれどね

アメリカの心理学者アトキンソン,J.W.が
達成動機理論において提唱したモチベーションに関するモデル

です^ ^

内容を
なるべくわかりやすくいうと

達成動機付け=(「成功願望」-「失敗恐怖」)×「成功可能性」×「目標の価値」


ふーん

とか

「なんのこっちゃ」



いいんです
いいんです

方程式をみると
拒絶反応がでる人は
飛ばしてください・笑


ここでは
成功願望の方が高い時と
失敗恐怖の方が高い時とで
どうやら、様相が変わるらしい

とだけ思ってください

そのどちらが高いかで
やる気の動きが、正反対になります


グラフにするとこんな感じ↓

達成動機付け-アトキンソンモデル

(計算方法に興味のある方はこちら)


こういうのは、自分ごととして
実感できて、実生活に活用できるかどうかが
重要ですよね

と言うか、体感的に納得感があるから
語り継がれるモデルとして
残っているのではないでしょうか


それでは
自分の体感ごととして、
一緒に考えてみましょ^_−☆


これが何を表しているかというと

成功した時のことを考えて、ムフフ❤
と︎なっている人は

成功率が100%や0%
つまり

絶対できることや
絶対できっこないこと

にはモチベーションが上がらなくて

成功率50%

乗るかそるかのギャンブル的なことに
やる気がMAX出るってコト!

それがあなたからみると
なんで、あんなチャレンジを
楽しそうにできるの??

の正体です^ ^

でも、考えてみてください

例えば、ゲーム

絶対成功できて
永遠に続く様なゲームは
楽しくないですよね?

反対に、同じところで
毎回、毎回ゲームオーバーになっていたら

最初こそ、モーレツにやる気になるかもしれないけど

そのうち
「これ、絶対クリアできない様になってるよね?」
って思えてくると
やる気なくなりませんか?

その真ん中、

次は、もうちょっと進めるかな?
あーダメだった!
次こそ!!
あ、いけた!!

っていう方が断然楽しいですよね?

現実でも、そういうコトです



じゃ、失敗の恐怖が大きい人(時)はというと・・・

反対の動きをします
失敗の怖さがブレーキになるのです


成功するかどうかわからないコトは
怖すぎてできない!

100%か0%

つまり、

絶対できる!

ってわかっている安全なコトなら
やりますよね

で、もう一つ

成功率0%

ならやれるのです

そう!!

ダメもとってやつです!!

ダメもとで挑戦しよう!

というわけで

失敗が怖い(時の)あなたは

成功率が100%が0%の時が
自分の中では、一番やる気がでる

というか
怖さのプレーキがなくなるのです!!

だから

どんなものも、どんな時も

「ダメもと」だと思って
やってみよう


ってコトです!!

あ、でも、これ

「どうせ、できっこないんだよなあ・・・はあ」

とやると、本当にできない可能性が高いですよf^_^;


だから

「ダメもとでやってみるかあー!!
 成功しちゃったら、めっけも〜ん、ムフ❤︎」

とスカッとトライしてみてくださいね^_−☆

ダメもと
ダメもと!!

ストレス関数から導き出す秘策

ストレス関数というのがあります
(私が最初に学んだ筑波大学大学院宗像恒次名誉教授によるもの)

ストレス(↑) = 要求(↑), 見通し(↓), 支援者(↓)

これも、難しいコトは言っていません
体験的に、そうだよなーと思えるコト!!

何を言っているかというと

要求が高いのに
見通しがなく
支援者がいない

その傾向が高まれば高まるだけ
ストレスも高まるよねってこと

逆にいうと

要求を低くして
見通しを立てて
支援者がいれば

ストレスを軽減するコトができる!

ってコトなのです^ ^

だよねーって感じ

ですよね^_−☆

情緒的支援者を見つけよう!

要求を低くしたり
見通しを立てるのは
自分の仕事ですが

(ここにも本当はいろんな重要要素があるのですが
今日は、横に置いておきましょうf^_^;)

今日、ここで一番注目したいのは

支援者を見つけるってことです!!

で、支援者には

物理的支援者と
情緒的支援者
がいます

物理的支援者は
実際、物質的に何か(資源)を授けてくれたり
物理的に動いて助けてくれる人

これは、その内容によっても
人によってできるコトは
違ってくると思います

その問題ごとに探す人

で、今回見つけようと
言っているのは

情緒的支援者です!!

こちらは、どんな問題でも
常に、同じ人でいいのですもの❤︎

どんな人かというと

同教授のチェックリストでいうと

□ 会うと心が落ち着き安心できる人
□ つね日頃あなたの気持ちを敏感に接してくれる人
□ あなたを日頃評価し、認めてくれる人
□ あなたを信じてあなたの思うようにさせてくれる人
□ あなたが成長し、成功することを我がことのように喜んでくれる人
□ 個人的な気持ちや秘密を打ち明けることのできる人
□ お互いの考えや将来のことなどを話し合うことのできる人
□ 甘えられる人
□ あなたの行動や考えに賛成し、支援してくれる人
□ 気持ちの通じ合う人

これに当てはまる人が
たくさんいればいるほど
ストレスが軽減されます

つまり、怖いというストレスがかかっても
それを超えていける
ってこと!

たくさんいなくても
同じ人でたくさんチェックがつくのでも
いいんです

家の中、職場、それ以外
の場所
それぞれにいれは、なお良しです!

見つけていきましょう♪

情緒的支援者

ちなみに、私は
そんな人になれるといいなと思って
カウンセラーしておりますよ❤︎

そして、そういう場所を作りたいと
思っています!!


根本原因から導き出す秘策

さて、根本原因を考えてみると
怖さは、どこからくるのでしょう?

アトキンソンモデルに戻って
失敗恐怖ってなんだ?ってコトですが

もう少し詳しくいうと

「失敗による恥の体験を嫌う動機」
となっています

周りに対して
自分が恥ずかしい

と思うこと

つまり、
失敗は恥だと思っているし

周りにも、そう見られている
(笑われる、離れていく)と
思っている

傾向が強いってコトです

この考え方を変えていきましょ♪

ってのが、ここでの秘策です^_−☆

(ちなみに、
だから、成功可能性0なコトなら
失敗して当然で、恥でないと思えるから
できるとも言るのです)



冒頭に書いたけれど
チャレンジには失敗がつきものなんです

失敗しないのに一番いいのは
チャレンジしないコト・・・

ちっとも楽しくない

あ、失敗が怖い人は
楽しいよりも安全を大事にしてるんですけどね

だから、生きる世界を
変えると決める必要があります!!

楽しい人生にする

人生を楽しむ
自分を楽しむ

そんな世界の住人になると
決めてみませんか❤︎


その世界では

失敗は、まあ、あるコトですよ笑

で、成功したか、失敗したかよりも
トライしたコトが賞賛される世界です

失敗を笑う人なんて
その世界では誰もいません


あ、
一緒に笑ってくれる人は
いますよー❤︎

砕け散っても
骨は拾ってやるぜ❤︎って人です

そういう人は、先のストレス関数で言う
情緒的支援車の一人ですね^_−☆


つまり
「愛されてる世界」ってコトです^_−☆
 ↓ ↓ ↓


そして、緊張は「怖い」の一種ですから
根本原因については
こちら↓も、ご参考にしてくださいね

正攻法もお伝えしときましょう

チャレンジできるようになる
正攻法は、

小さな成功体験を積んでいくコトです。

少しずつ、小さな怖いから
やっていくコト

ストレス関数で言うところの
要求を下げて、スモールステップでやってみる
ってとこですね


実は、失敗を怖がる人ほど
(ダメもとにしたいからか)
びっくりするくらい高い要求にトライして

やっぱりダメだった・・・はあ

って、
一人相撲をしているコトが多いのです

(あとは、一生懸命やらないで
「一生懸命やらなかったから失敗した」
 という理由を作っておくのもかっこ悪いぞ^ ^)


だから、小さなコトが
やっていきましょう♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。

・なんでも「ダメもと」でトライ!
・情緒的支援者を見つける♪
・「人生を楽しむ」世界の住人になる❤︎



できるからやる」

から

「やりたいからやる」

へ❤︎

人生がシンプルになりますよ^_−☆

もちろん、これは
ダメもととは言え

成功するために全力投球が
基本ですよ

精一杯やったのに
失敗だなんて受け入れられないと
思うあなたは

精一杯やってダメだった
やるだけやった!の
清々しさを知らない人ですよ^ ^


チャレンジしなれるという意味でも

人からみたら
チャレンジでもなんでもなくてもいい

小さくてもいいから

自分なりのチャレンジをして
成功体験を
積んでいきましょうね!

それで、
成功した時のことを考えて
ムフフ❤︎と

自然となっていきましょ^_−☆

関連記事



コメント

タイトルとURLをコピーしました