自分らしく生きる

「好きなこと」が、なぜか、なかなかできないあなたへ〜あなたを止める3つのブレーキ&外し方〜

brake 自分らしく生きる

あなたは、「好きなこと」してますか?

このコロナ禍では
いろいろ制約もあるでしょうが・・・

あけたら、スタートダッシュ
したいですね!!



したい」→「する」

のタイムラグが短いほど
人生がシンプルで
スイスイ進みます^ ^


けれど、現実には
コロナ禍でなくても
なかなか・・・

という人も多いのではないでしょうか?


そこには
自分で自覚できるブレーキ

無意識なブレーキ


がかかっているのです

それがどんなものか
ご紹介しますね

ブレーキの筆頭は「怖さ」

好きなことをしようとするとかかるブレーキの正体

その筆頭は、

「怖さ」

です。

失敗する怖さ
変化への怖さ


等々。

これについては、
自覚しやすいのではないでしょうか

そして、自分から
「怖いからよしておく」
選んでいるんですよね。

そのあたり、
こちらの記事を参考にしていただければと思います。

対策はこちら

無自覚の筆頭は「罪悪感」

自覚しにくいものの筆頭は「罪悪感」です。

そして、これを持っている人は、
非常に多いです。

なんの罪悪感かというと

私が好きなことをすると
誰か(大切な人)が悲しむ、困る

との思い込み
からくるものです

だから、
「好きなことをしてはいけない」の呪縛があり

好きなことをするのに
罪悪感を持つのです

なぜか、
好きなことを我慢してしまう人が

よくある
心の深いところでの、ブレーキですね

なぜ、そう思うようになった?!

外し方をご紹介する前に
なぜ、そう思うようになったのか
お話ししますね

なぜなら、
その時、そのように学習したことを学びなおす

それが外し方になるからです


これには、親が登場します


あなたが好きなことをすると
親(特に母親)が、困る、悲しむ


があったのではないでしょうか


また、あなたが親が困る、
迷惑がかかると思って
自ら諦める理由として多いのは

・お金がかかるから


です

これは、私もありましたね。

あとは、お金に限らず
忙しく大変な親の
時間や労力を使わせること全般

ですね


これは、いい子タイプに多いので
こちらも参考に

また、このタイプの人は、こういう特徴もあるでしょう

あるいは、単純に
親が苦労していたり
大変な思いをしていて
幸せそうでないと

私だけ、
楽しい思いをしてはいけない

私だけ
幸せになってはいけない


と思ってしまうんですよね

これは、
悩めるたくさんの方と関わってきて
多くの方が持っているんだなと感じてきました

これがあると
自分を犠牲にしても
まず、親を幸せにしなくては
と思ってしまいますね・・・

また、自分が幸せになることを
止めてしまいます


こちらも、ご参考に


そうなると

私だけ
例えば学校や外で
楽しいことがあっても

その話をしたら
親(大切な人)に申し訳ない



楽しい思いをしたことを
隠すようになります

すると、さらに余計に
罪悪感を抱くようになります

自分の幸せ=罪悪感

これじゃ、なかなか幸せへ
舵がきれません・・・

 

外し方

私が好きなことをすると
みんなが喜ぶ


これ、信じてみることです

というか、
こうあって欲しいですよね?

実際、あなたを好きな人は
そうですよ^ ^

万が一、違う!
と言い張るなら

そんな人(情緒的支援者)と
一緒にいることです^ ^

そして、今、

もし、あなたが
自分が楽しかったことを
隠しているなら

例えば、ご家族なら
家に帰った時、
楽しかった顔をして帰りましょう!


子供たちをおいて
楽しんできた時もです

そして、そんな楽しい時間に協力してくれた
ご家族に感謝なのです❤︎

あなたが楽しく幸せな顔なら
子供達もハッピーなのです

子供達が寂しそうに見えるのは
あなたが罪悪感で沈んで見えるからです

このあたりは、特に、あなたが女性なら
ぜひ、この本も読んでほしいですね^ ^

 
罪悪感について、こちらを↓

あなたに効くエンタメ

「ガンダーラ症候群」の心理

あなたは、食事の時
好きなものは、すぐに食べる派ですか?

それとも、最後までとっておく派ですか?

好きなものをすぐに食べてしまうのは
もったいない(楽しみがなくなる)

(後味を好きなもので締めたいとか
他にも理由はあるでしょうが、
ここでは、そこが本題でないので
おいておきます)

それが、「好きなことをする」にも
当てはまる人がいるようです


好きなことは、
してしまったらおしまい


そう、確かに
夢って、叶っても叶わなくても
終わりがくるんですよね

だから、ずっととっておく

いつも、夢がある状態を楽しむ

これを、私は
「ガンダーラ症候群」と呼んでいます笑

西遊記、愛の国、ガンダーラを
求めての旅です

見つかったら、旅はそこで終わり
ですもの・・・

私には、あれがある

そう思っていたい

可能性としての
心の拠り所にして
旅すら始めたくない


そんな思いで
本当に好きなことを
しない人がいます

あるいは、
残しておくことがあります




確かに、「好きなこと」を
ずっと我慢してきた人は

好きなことがたまっています

だから、しばらく
好きなことをするのに忙しい!

怖い中に飛び込んで
毎日エキサイティング!!!

一番楽しい時期と言っても
過言ではありません

でも、いつしか

「したい」→「する」

が自然になると

「やりたかったこと」
「やってみたかったこと」

は、確実にそこをつきますよ^ ^

そして、
そこまでの気負いもなくやるから

そこまでのエキサイティング感も
なくなってくるのは確かです。

日常になるのですもの

でも、
ある意味、エキサイティングな時って
脳内麻薬が出ているようなものですものね

ずっとでは、体が持たないのでは
ないでしょうか

そして、
やってみたいことは

また、そのうち、
次々、出てきますよ

だって、世界は
知り尽くすことができないくらい
広がっているのですから❤︎


また、最後の砦の可能性を
試してみて

本当にダメなら・・・

早くわかってよかったのです!!

ね^_−☆

もちろん、とっておくのは自由です!

でも、無意識にではなく
わかっていて
とっておきましょうね

あなたの選択として^_−☆

こちらもご参考に↓

関連記事

自分のブレーキというより、反対に合うんです

これも、実は、この仲間ではあるのですが
いろいろ書きたいことがあるので
また、後日、詳しく別記事で書きます!





コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました