「しんどい」毎日からの脱出

頼み事、誘いが断れない人の特徴と抜け出し方

断れない 「しんどい」毎日からの脱出
スポンサーリンク

頼みごとからお誘いまで、
日本人は特に断るのが苦手な傾向があります。

断るのは、気持ちのいい行為ではありませんよね。
私もできるなら断りたくないです。

でも、「なるべくなら断りたくない」と「(断ることが)できない」とは
全く違います


自分を犠牲にしてまで引き受けて、追い込まれてしまう
それは、自分で自分の首を締めているも同然です。

なぜ、そこまでしてしまうのでしょうか。

 
前回、人にお願いできずに、一人で抱え込んでしまう人の3つのタイプを
ご紹介しました。

その中でも書きましたが、
人にお願いできない人は、人からの頼みや誘いが断れないことが多く
セット
のようなものです。

人からのお願いが断れず引き受けるのに
自分は人にお願いできない。

それでは、いっぱいいっぱいになるはずです。

そして、たくさんのことを抱えたまま
追い込まれていって、どうしよう・・・とストレスを溜めてしまう

そのせいで病気になる人もいるくらいです。

どうしたら、そんな状況から抜け出せるでしょうか。

今日は、そんな方への処方箋です(^_−)−☆

まずは、断れない3つの理由をみていきましょうね
 

相手をがっかりさせたくないから

せっかく自分を頼ってくれたのに、誘ってくれたのに、
断ったら相手をがっかりさせてしまう。

確かにそうですね。きっと、残念には思うでしょう。

ですが、そのことで「相手の機嫌を損ねたり」、
「人間関係が悪くなる」「人が離れていく」ことへの怖さが生まれるのが
「断れない」と思ってしまう人の特徴
です。

がっかりさせることへの罪悪感がある場合もあります。
 

相手に喜んでほしいから

頼まれたことをすることで、誘いに乗ることで
相手に喜んでほしい気持ちがある

「がっかりさせたくない」がマイナスに目がいっているに対して
「喜んでほしい」はプラスに目がいっているだけで
同じ感じもしますね・・・

これも、誰もが持つ気持ちですし、確かに、相手も喜ぶことでしょう。

でも、だからといって、自分を犠牲にして潰れるほどまで引き受けてしまうのは
誰もではありません

そこまでしてしまう裏には、
喜ばせられない自分への無力感、罪悪感が張り付いているといえるでしょう
  

「できない」「苦しい」と言えないから

「がっかりさせたくない」中身が
「自分にがっかりされる」ことへの恐怖であると言えます

「できない人」「ダメな人」と思われたくない。
「できる人」と思われたい。
弱音を吐けないタイプです。

人にお願いできないタイプの「私は大丈夫ですタイプ」は
ほぼほぼこれに該当すると思います
 

共通する特徴

これらに共通するのは、

「人の期待に応えたい」

もっと、言えば
「人の期待に応えなければいけない」

そうしなければ
「人が離れていく」という怖さ
です
 

あなたへの処方箋

まずは、そんな風に思う自分を責めないでくださいね。

ずっと、そうしてきて苦しかったのに、更に自分を苦しめることはありません。
 

いい子を脱却しよう!

これは、「いい子」の特徴でもあるので、こちらを参考にしてくださいね

 

人に頼んで、断られる練習をしよう!

繰り返しになりますが、断るのが苦手な人は、
「頼みごとをする」のが苦手なことも多いです。

そのため最後の最後までひとりで頑張って、
「もうだめだ」となって初めて、意を決して人に頼む。

しかし、思い切って頼んで断られた場合のショックは計り知れません。
自分が断られる辛さをよく知っているがゆえに断れない、ということもあるでしょう。

ですので、まずは”ダメもと”で、人に頼みごとをしてみてください

「助けてもらえないともうダメ!」ではなく
「助けてもらえたら嬉しいな」程度の単なる”リクエスト”として、
助けを求めてみてください。

それを通じて、「断られること」にも慣れていきましょう
そして、それはそのまま、相手から断り方のバリエーションを学ぶことにもなります。

断わられる

それから、人を誘ってみることも!

確かに、拒絶と感じられるような断られ方は辛いものですが
これも、断り方のバリエーションが学べると思ってみて(^_−)−☆

その時、「自分を嫌ってるから断ったんだ」など
なんでも「自分を嫌ってるかどうか」の判断材料にしちゃう人は特に
変な意味づけを発動させないことです。
  
きっと、断られたことは残念だけど、
また誘ってみようと思えるお返事もある
と思います。

それを自分に取り入れればいいのです。

また、、断ったら、次は自分から誘ってみるなど

「断る」=「関係悪化」

ではない経験
をしていくことです。 

断れずに無理して受ける人より、
ダメな時は、ちゃんと断ってくれる人の方が
言いやすい、誘いやすいという人も多いものですよ!

ケーススタディ〜頼みごとを断れない。何もかも嫌になりそうです〜

ここに書いたことと重なっている部分もありますが、
ウーマンエキサイトさんに寄稿した記事もありますので、
ケーススタディとして、こちらも参考にしてみてくださいね☆
 

 

いっぱいいっぱいになって病気になってしまったあなたへ

人のことを引き受けすぎて、いっぱいいっぱいになって
病気になる人もいます

病気

でも、実は、病気になることで
自分で断らなくても、断れる状況になるんですよね

これは、人に頼めない人も同じです。

病気だから許されるだろう、と頼める
お金がないんだから、仕方がないと頼める(甘えられる)も同じ

もし「病気がなかなか治らない」など
望んでないはずの状況がずっと続く人は

今、「そのこと(病気)で助かっていること」
考えてみると突破口になることがあります

それを手放す覚悟

そして、元気な状態でも、
それをしていく覚悟、その方法を知ること


が必要なのかもしれませんよ(^_−)−☆

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました