「しんどい」毎日からの脱出

感情を爆発させるのは他人軸のせい?〜「我慢」と「爆発」の悪循環を断ち切る方法

我慢&感情爆発 「しんどい」毎日からの脱出

当サイトをご覧いただき
ありがとうございます♪

自分軸makingパートナーの
高橋かのんです。
(初めましての方は、こちらを)

自分軸コーチ高橋かのん

あなたは感情爆発を
してしまうことがありませんか?

感情爆発は、自分の気持ちを言えない
「我慢」が原因です。

そして、その「我慢」は
他人の目や期待に左右される
「他人軸」のせいなのです。

この記事では
感情爆発や我慢の悪循環から
抜け出す方法をお伝えします。

感情爆発や我慢の原因は「他人軸」

私たちが言いたいことを
我慢してしまうのは

「してはいけない」という禁止が
自分の中にあるからです。

その代表が
・自分の意見は言ってはいけない
・思ったことを言ってはいけない
・嫌だと思っても、言ってはいけない
・違うと思っても、言ってはいけない
などがあります。

なぜ、そうするかといえば

「◯◯のためには」という
自分にとっての目的があるのです。

その代表が
・相手の機嫌を損ねないように
・嫌われないように
・波風立てないように
・悪く思われないように
などです。

恐れている状況にならないように
言ってはいけない

のです。

コレは
幼き日の出来事で
学んだことです。

その「なりたくない状況」に怯え
いつもビクビクしていると言えます。

その恐怖で動くから

いつも苦しい・・・

我慢するストレスも
ありますが

ベースに、このビクビクストレスが
常にかかっています。

そりゃー、ずっと、いつも
苦しいわけですよね。

感情を爆発させてしまう2つの理由

では、なぜ、爆発させてしまうことが
時々あるのでしょうか?

その理由は、2つあります。

「我慢」ストレスと常にかかるベースストレス

一つは
ストレスが溜まりすぎて
溢れてしまうからです。

言いたいことを我慢することで
怒りを我慢していることも多いので

その怒りが
封じ込められなくなるのです。

ストレスを溜めることで
怒りとなり
それが封じ込められなくなる
とも言えます。

ちなみに
「言いたいことを我慢する」は
「人に合わせる」とほぼイコールです。

反応ポイント

もう1つの理由は
なんでしょうか?

それは、人それぞれの
反応ポイントです。

いわゆるトラウマ
(幼い時に傷ついた経験)で

コントロールの効かない感情の
引き金になるのです。

そのポイントが刺激されると
我慢が利かず

冷静でいられなくなります。

反応ポイントって、どんなこと?

反応ポイント・・・

そう言われても
イメージがつかないかもしれないので

具体例を出しますね。

例えば
先日の無料グループカウンセリングで

出来てきた反応ポイントは
「自分だけ置いていかれた感」でした。

無料グループカウンセリング20230219

(許可を得て書かせていただいています。
 ご参加の皆様、ありがとうございました!)

なぜ、「置いていかれるのか」

その理由をトラウマのせいで

「邪魔者だから」と自動で
思ってしまう・・・

それが反応ポイントとなって
コントロールが効かなくなるのです。

ちなみに
「置いていかれる感」については

末っ子が持ちやすい
あるある反応ポイントです( ^ω^ )

だから
置いていかれないように
いつも頑張っちゃう傾向がありますよ↓

私の反応ポイントの事例

私の場合で言えば

「言ってたことと違うことをされる」

ことにすごく反応していました。

なぜ、違うことになったかを
説明されればいいのですが

前のことをなかったかのように
別のことをされるのが何よりも嫌でした。

もちろん
みんな快くはないと思いますが

必要以上に
過剰反応してしまうのです。

反応とは
もっと、わかりやすく言えば

そういう人を「ひどい」として
「責めたくなる」
のです。

なぜ、そんな反応ポイントが
できるかと言うと

それで傷付いた
幼い頃の記憶(トラウマ)が
あるからです。

私のこの反応ポイントは
完全に、父の影響です。

・もうお酒は飲まない
・次こそ働く
・暴れない

などと約束して(言って)おいて
結局、破る

そんなことが繰り返されたからです。

そんな過去の傷付いた
気持ちが蘇ってくるのです。

もう嫌だと・・・

約束を破るはもちろん
言っていたことと違うことをされると
不信感が半端なくなる溢れてくるのです。

今思えば

父からすれば
約束させられていただけ
だったりもするのでしょうけどね(^^;

そんなわけで

相手からしたら
そんなつもりはない場合・・・
誤解でも

いきなり「責められる」に
なってしまうのです。

それは、ただの濡れ衣、イチャモンの
何でもない状態です。

(私からそんな風にされた覚えのある方には
 この場を借りて、お詫びいたしますm(_ _)m)

「我慢」と「爆発」を繰り返してしまうのは、なぜ?

そうして
我慢の限界を迎え
反応ポイントを刺激されて

爆発させてしまうのは
わかった

でも、我慢と爆発を
繰り返してしまうのは
なぜなのでしょう?

それは
次のような流れになっています。

爆発させると

残念ながら
状況を悪化させて
しまうことになります。

恐れていた状況を
招いたり

招いたのではないかと
恐怖を増大させてしまうのです。

そうして
後悔や自己嫌悪、自責の念が
やってくる

我慢してきた人にとっては
「爆発」してようやく

「言いたいことを言う」が
できたという認識なので

その結果
「やっぱり、言うんじゃなかった」

となって
「我慢」の日々に戻ります。

けれど、また、爆発・・・

を繰り返してしまうのです。

そんな自分を卒業するには

ずっと言いたいことを我慢して
いるものの

我慢しているだけなので
状況は変わらず

我慢の限界を超えると
爆発させて後悔する。

すると
ほとんどの人が

「爆発」が
いけなかったと思うのです。

我慢が効かない自分
コントロールが効かない自分

を責めるのです。

そして、もっと「我慢」ができる自分に
なりたいと思ってしまうのです。

これまでのあなたも
そうではなかったですか?

我慢することを
アンガーマネジメントだと
勘違いしている人もいるほどです。

それは、勘違いです!

あるいは

爆発させずに
上手に言えるようになりたい

「なんて言えばよかったのだろう」
「どう言えばよかったのだろう」

と考える人もいるでしょう。

実際、こちらでも、言い方↓の話をしています。

これも、勘違いです!!

何をどう言うか

確かに、それもとても大事ですが

実は、それよりも大事なことがあります。

それが

どんな気持ちで言うか

です。

反応して
「ひどい」と責める気持ち

あなたは間違っている!
それじゃだめだ!!も同じですが

そんな気持ちを
持ちながら言うと

それが言葉や言い方に
現れてしまうからです。

大体は
「こうすべきだ」と正義を振り翳して
言いがちで

相手を正そうとしてしまうのです。

そんな気持ちがありながら
ねじ伏せて、上手に言えるようになる
も、本当のゴールではありません!

では、本当のゴールとは何か。

それは、反応せずに

つまり「責める気持ち」が
なくなることです。

反応せずに言えれば

自ずと

何を言うかも
どう言うかも

自然と変わってくるのです!

個人セッションでは
そんな反応ポイントの
トラウマを扱い

反応ポイントの地雷を
撤去します。

すると
今まで、こだわっていたことが
そうでもないことだとわかり
 
言いたいことも
変わってくる
のです。

なぜなら
本当は「べき論」を
振り翳して

突っ掛かりたいわけじゃないのですもの。

そのことに気づくのです。

「べき論」をどう優しく
伝えていたらよかったのか

ではないのです。


先日のグループカウンセリングでも

「本当に言いたいこと」は
別にあった

つまり自分の「本音」
気づいてくださいました。

自分の反応ポイントは
心の勉強をしていないと
わかりづらいものです。

だからこそ
カウンセラーが必要なのだと
思うのです( ^ω^ )

ちなみに
この反応ポイントを撤去した後に
1番多くきく感想は
「つきものが落ちたようだ」です^_−☆


あなたの手に負えない怒りにも
反応ポイントが隠れていますよーーー^_−☆

この「我慢」と「爆発」を
繰り返す人は

間違いなく他人軸で
生きている人です!

だからこその症状だと
思ってくださいね笑

私と一緒に
反応ポイントを撤去したい方

他人軸を卒業して
楽しく毎日にしたい方へ

サポートをしております。

今なら、体験セッションも
特別価格でお受けしています。

ご希望の方は
↓こちらからお申し込みください。

感情マスター講座では、この我慢と爆発について
そのメカニズムや脱出の仕方など
詳しく説明し、脱出するトレーニングをしています。

自分で反応ポイントに気づき、脱出したい方には
こちら↓がオススメです。

自分軸で幸せに生きる感情マスター講座

幼い頃の傷心体験(反応ポイント)を根こそち撤去したい方
こちら↓でどうぞ

rebornワークショップ

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました