自分らしく生きる

“頑張ると”「楽しくなる人」と「苦しくなる人」の違い〜頑張る方向で、人生は180度変わる〜

頑張る方向 自分らしく生きる
スポンサーリンク

あなたは頑張っていますか?^ ^


うつの人に
「頑張れ」と言ってはいけない

とか

「頑張らなくていい」

とか

ずーっと
「頑張ることはいいことだ」一辺倒だった
日本の土壌に

全く逆の考え方が流れ込んできていますよね


そんなことをいうと

頑張るのは、悪いこと?
頑張っちゃいけないの?!

なーんて
すぐ白黒つけたくなる人は
0-100思考で、

自分を苦しくする思考を持った人ですよー^ ^

この「頑張る」も

頑張る方向によって
幸せにも苦しくもなります


今、頑張っていて
苦しい人は、その方向を変えるコトです^ ^

方向って何?
どっちの方向ってこと??

を説明していきますね^ ^

苦しくなる人の頑張る方向

かんばると苦しくなる人の
頑張る方向って、どんなでしょう?

それは、

しなければいけない
すべき

の方向へ
頑張ることです

こればかり頑張っていると
自分の気持ちが
置いてけぼりになってしまいます

もっといえば

しなければいけない
すべき


と思うということは
本当はしたくないことなのです

自分を強いて
やっていること・・・

「我慢」です

頑張る=嫌なことを耐えること、いやでもやること

これでは、ストレスを
貯めていきます

どんどん苦しくなりますよね!!

なぜ、そうしてしまうの??

そうか、

しなければいけない
すべき

の方向じゃなくて
「したい」方向にいけばいいのね!

と察しのいいあなたは
思ったかもしれません

その通りなんですが
ちょっと待って!!

その前に
もう1歩踏み込んで

なぜ、そうしてしまうのか

にお付き合いください

なぜなら
そこを理解したほうが
そこから抜け出しやすいからです

というわけで

なぜ、自分の「したい」よりも

しなければいけない
すべき


を優先してしまうのでしょうか?

それは

そうした方が
人から

認められる
愛される


と思っているからです


認められる
愛される


ために、
人に期待に応えようと
頑張ってしまう


他人の評価が
自分の行動基準の軸になって
いる状態です

で、

さらに、いえば
その行動基準ができる
その行動基準でいるのは

この辺が関係していますよ
 ↓ ↓ ↓

なぜ、うつの人に「頑張れ」って言っちゃいけないの?

ちなみに、

冒頭のうつの人には
「頑張れ」って言ってはいけない

というのは

まさに、うつの人は

しなければいけない
すべき

で動いてきた人
だからです

(うつの種類もいろいろ出てきて
当てはまらないのも出てきてますが)

つまり、

認められる
愛される


ために、
我慢して頑張って頑張って
体も心も限界にきたわけです

そんな人に

「頑張れ」はないですよね

もう十分
頑張ってきた
わけですもの
(苦しくなる方向で)


で、さらに言うと

しまう傾向があるから

認められる
愛される

ために、人の期待に応えようとする傾向がある人が

「頑張れ」って言われたら

「こんなに頑張ってきたのに
 それでも頑張ってると認めてもらえてないんだ

 もうこれ以上頑張れないよ・・・」

と思っちゃうし

期待に応えられない自分を責めてダブルできついわけです


ですので、
これについて私たちも

「頑張れ」って言っちゃいけない

という禁止で
自分の中に取り込むのではなく

うつというのは

十分頑張った結果なんだな

ってことを理解
するのがいいですね^_−☆

楽しくなる人の頑張る方向

というわけで

頑張ると楽しくなる人の方向は

自分の本当に「したい」ことに向かって
頑張る方向
です!!

「本当にしたいこと」への頑張りは
達成感や成長、エキサイティングさ
やりがいを運んできてくれますね❤︎

そして、
もちろん、うまくいかなくて
苦しい時期もあると思いますが

したいことにたどり着くための
試行錯誤であり

苦しさの種類が違うのです


頑張りたいことがあるって、
楽しいことです❤︎


頑張るとは、
チャレンジであることと同義語な時も
多々起こってくるでしょう


「本当にしたいこと」
については、こちらをご参考にしてくださいね^_−☆

念のための補足

繰り返しになるのでなんですが
自動的に思っちゃう人がいるので
最後に念のため^ ^

しなければいけないこと
すべきこと

しちゃいけない

と言ってませんよ
^ ^

私たちがすることの中には

しなければいけないこと
すべきこと

も、そりゃーあるりますよ!^ ^


大切なのは
そんな時でも

させられる、強いられる
のではなく

自分でそれを選び
決めるということ


そして、

しなければいけないこと
すべきこと

という時

使命感での時もあるでしょう

それも、素敵なことですよね

それは、それこそ
自分で選んでやっていることなので

ここで言っている
我慢とは違いますよね!!

苦しくはならないけど、見直してほしい頑張る方向

これは、本人はあまり苦しさを感じないけど
見直してほしい頑張る方向も
伝えておきたい!!

それは、

本当の問題を見なくて済むように
忙しくするタイプの頑張る
です

ワーカーホリック

が有名ですね

仕事で忙しくすることで
本当の問題を見ないように
頑張る

予定が入ってないと不安という人も
予定を埋め込んむのも、
似たようなものです

このタイプは
忙しく頑張ることがメリットになってますからね

そういう意味で
苦しいとは、あまり感じないし
やり続けることでしょう

これも、体が持たなくなって
休まざるをえなくなって
止めることが多いのかもしれません

もしかしたら

このコロナ禍で
休むことを余儀なくされて
このループから脱した人も
いるかもしれません

時間があったら
考えてしまう嫌なこと

見えてくる問題


これを考えて見ましょうね


家庭のコト
自分の存在意義について


などが多いですよ^ ^

関連記事

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました