自分らしく生きる

自信がないあなたへ〜4タイプ別☆自信の付け方〜

自信がない 自分らしく生きる

やりたいことがあるけど
やらない、やれない

消極的な人生を送る人が

その理由にいう言葉

「自信がない」から

多いですよね

あなたも言ったこと
ありますか?


今日は
この「自信」について
お伝えすることにしましょう

実は、一概に
「自信がない」と言っても

その意味する中身には
種類があります

あなたは、どのタイプでしょう?

4タイプ別の
自信の付け方を紹介しますね

あなたはどれ?「自信がない」人のタイプ

「愛される・好かれる自信がない(価値がない)」タイプ

「愛される・好かれる自信がない」人は

なぜ、自信がないかと言えば

自分に愛される・好かれる「価値がない」と
思っているから

逆に言えば
普通にしていたら
愛されない、嫌われる
と思っています

だから
なんとか、愛されたい
嫌われたくない
という理由で

他人軸になってしまいます


これについては
すでに記事を書いていますので
以下、2記事をご参考にしてくださいね(^_−)−☆

他人軸については、こちらを

「できる自信がない」タイプ

したいことがあるけど

できる自信
うまくいく自信がないから
挑戦できない

自信があれば
挑戦できるのに・・・

そうして
どんどん挑戦できずに
消極的になっていくタイプです

このタイプの自信の付け方

このタイプの自信の付け方には
2つあります

1. やってみてつけていく

そもそも
このタイプの人は

できる自信があるから

やれる

と思ってませんか?

やったことがないことは
できるかどうかなんて
わかりません

できる自信なんてなくていいから
やってみるのです

「経験を積む」ってヤツですね(^_−)−☆

もちろん、この経験には
成功ばかりではありませんよ

失敗こそが大切な経験

そこから学んで
うまくいく方法を
試行錯誤していくのです

この
失敗と試行錯誤は当然
という姿勢が

折り込みずみかどうかが

トライできる人と
できない人の大きな違いです

そもそも
できる自信があるから
やるのではなく

やってみたい

やる

シンプルでいいのです

自信がなくても
トライしてみましょう♪


やってみる人は
経験が増えます

失敗もしながら
「できた」体験も
多くできるのです

反対に

やってみない人は
必然的に
「できる経験」も少なくなる

そもそも経験が
圧倒的に不足してしまうのです

自信があったら
あなたは何をしたいと思っていましたか?

まず、やってみましょう!!♪( ´▽`)


結局のところ
自信がなくてトライできない人は
「失敗が怖い」人です

失敗が怖いあなたは
こちらを参考にしてみてね(^_−)−☆↓

2. 「できるようになるために」の準備努力をする

まず、やろう♪

失敗してもいいじゃないか!

と言っても

せっかくやるなら
成功した方がいいに決まってます

だから

やる→やってみてわかったこと→試行錯誤→再度やる

でもいいけれども
最初の成功率を上げるなら

「やる」の前に
学ぶ、準備する

が入ってもいいですよね

歴史を含めて
過去挑戦した人の失敗談、成功談から学ぶ

身近にもうやっている人に
話を聞いてみる

先に学んでおくこと
用意しておくといいこと

を準備する

などです

ちなみに

これを
やらないことで悪循環になる人と

やりすぎることで
進まない人がいますよ


まず
やらない方の人の
説明をしますね

このタイプの人は

これをやらずに
おっきな夢を掲げて

自分のやる気を
盛り上げて盛り上げて

やるのだけど

思ったように
いかないからと

すぐ
もうダメだ
やっぱり、できない
自分はダメだ

というタイプの人もいるものです

お心あたりのある方は
・準備をしっかりやること
・コツコツ、スモールステップで進むこと

つまりは、地味なことを
しっかりやる試行錯誤の根気を
つけていく練習をしましょうね(^_−)−☆

次に
やりすぎてしまう人は
石橋を叩きすぎて壊す
と言われるアレです笑

完璧主義の方に多いですね

いつまでも
準備しているようなら

「やる」を挟んでみた方が
新たな発見があるので
おすすめですよ

いくら事前に準備と言っても
やってみないとわからないことって
たくさんあるんです

準備をずーっとしている人は
そろそろやってみましょうね(^_−)−☆

あなたのための講座

「不安」は、できる自信があれば、なくなると思ってませんか? 

この講座を受ければ、そうじゃないことがわかります ↓ ↓↓

感情マスター☆ポジティブ悟り心理学講座

「自分の意見に自信がない」タイプ

「自分に自信がない」という人の話を
よく聞くと

「自分の意見」に自信がない

という人も多いです

そんな人の特徴は

「正しいとわかれば、堂々と言える」

と思っているところ

あえて
ちょっと嫌な言い方をすると

正義を振りかざすと
強くなる危険性をはらんでいるタイプ

とも言えます

そもそも、自分の意見は
間違っていてもいいんです

周りの意見を聞いて
自分の意見が間違っていたなら

訂正すればいい

意見は、いろんな人やものの
影響を受けて
変わっていくものです

そして
正しい、間違っているで
片付けられないのが
世の中にはたくさんあります

どの視点に立つかで
変わるのです


では
「間違うこと」を恐れている背後に
どんな気持ちがあるでしょうか

否定される
バカにされる
負ける

ことを恐る気持ちです

このタイプの自信の付け方

否定される
バカにされる
負ける

って嫌ですよね

でも、それって相手の問題です

相手の問題って
どういう意味かというと

「相手が勝手にしてくる」ということ

それに対し
もちろん
時には、戦うことも
大切でしょう

けれど
1番大切なことは

本当のところ
どうか

を探すこと

正解などなく
意見が違うだけって
こともあります

意見が違うを
別の言い方をすれば

優先順位が違うだけです


中には、単純な間違いを
教えてくれる人もいるでしょう

そんな人を
大切にしましょうね( ^ω^ )

「間違いを、指摘された!」
とビビらなくていいのです

そして
いろんな人の意見を聞いてみましょう

聞いてみた上で、自分がどう考えるか
意見を固めていくステップを設けることです


少しずつ自信を持っていくには
・わかってくれそうな人
・意見を正しさで戦う人でなく、違いを楽しめる人

に自分の意見を言ってみることから
始めてみましょう

コツは
私はこんな風に考えているんだけど
あなたは、どう思う?
と聞いてみることです

もちろん
自分に意見があるように
相手にも意見がある
前提で

意見を一致させようと
しなくていいと思っておきましょう

その意見を聞いて
また自分の意見を考えてみましょう

「意見を言う」については、こちらも参考に↓

「自分への信頼がなくなっている」タイプ

最後の一つは

自分への信頼がなくなっているタイプ

自信とは、「自分を信じる」と書きますものね^ ^

どうして、自分への信頼が
なくなっているかというと

頭で考えることと
行動がチグハグ

やろうと思ったのに
何事も続かなかったり
できなかったり

魂が従っていることを
無視し続けたり

の結果です


自分が自分で
コントロールできていない感覚が
ある人です

そんな自分が
嫌いなことでしょう

頑張れない自分を責めている人も
このタイプです

このタイプの自信の付け方

自分への信頼を作っていくことです

いわゆる
「コツコツ」を実践すること

本当にやりたいことを
興味を持ったことに
挑戦していくこと

このタイプには
なにせ、土台無理な
大きな目標を立てては

できずに
「自分はダメだ」と思う
サイクルを繰り返している人も多いのです

だから、コツコツ
スモールステップで少しずつです

続けていくには
「何のためにそれをするのか」
考えることも大事

ちなみに
それが他人軸だと恐怖で動くので
苦しくなってきますし

結果、へこたれやすいのです


「そうなった世界にワクワクしながら」
が、楽しく続けるポイントです

こちらもご参考に

結局のところ、思うのですが

いかがでしたでしょうか

タイプ別、自信の付け方
ご参考になったなら幸いです


ここまで書いてきてなんなのですが

結局のところ
あなたは、なんで
「自信をつけよう」っと思ってますか

自信をつけるって
手段ではないでしょうかね

自信をつけて
何かをすることで
幸せになりたい

「自信をつけること」=「幸せ」

ざっくり言うと
そういう感じではないでしょうか

思うのですが
幸せでいれば
自信はどうでもいいですよね?

というか幸せでいるなら
自信があるかないかなど
考えなくても
ある状態ではないですかね

だったら、まず
幸せでいましょう!

そう言われても!

という方は、こちらを見てくださいね↓

幸せは、今すぐなれるし
自分で、たくさん作っていけるものですよ( ^ω^ )

あなたのための講座

感情マスター☆ポジティブ悟り心理学講座

あなたのためのカウンセリング

リスタートカウンセリング

この記事への質問はこちら

質問メール
オンライン質問

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました